姉に届け!

昨日、夫が帰ってきたときに
姉から母の年賀デザインは
普通が良いと思うと言われたことを伝えると

「ママが楽しく描いたのだから
そのまま使うといいよ」と言ってくれた

私が「じゃぁ、お姉ちゃんのところにだけ
普通のにしようかな?」と言うと

きっとお正月に集まったときに
「おばあちゃんの年賀状良かったね!」の
話になるから
全ての人に同じものを出した方が
いいんじゃない?

と言ってくれた

「それもそうだね!じゃぁそうする!」

昨日寝る時に
姉からメールが来た

暗くて暗くて後ろ向きで
もう身動きが取れないガチンガチンな考えに

今朝、私は返事をした

------------------------

いつからお姉ちゃんは
そんなに後ろ向きな考えに
なってしまったのでしょう。

お母さんがお姉ちゃんに言っている言葉は
けっして傷つけることではありません。
ごく普通の会話です。

お仕事に行く時の母の
「気を付けて行ってらしゃい」も
お姉ちゃんはこれを
後ろ向きな言葉と解釈します。

私も一度言われたとき
「どうして気を付けて!が後ろ向きなの?」
と言ったことがありましたよね。

先日、私たちが車で帰るとき
お姉ちゃんは「気を付けてね!」と
言ってくれました。

人が帰る時
車でも、バスでも、徒歩でも、
「気を付けてね」の言葉は優しさだと思います。

自分の言葉には気づかず
人の言葉に敏感になり過ぎるのは
どうしてですか?

昨日も言いましたが
お母さんからはお姉ちゃんへの
感謝の言葉しか聞いていません。

でも、お姉ちゃんからは
お母さんへの不満しか聞かなくなりました。

まずは自分がどんな言葉を発しているか
お母さんのことを非難する前に
考えてみてください。

心のコリを笑いで解してください。

以上・・・
-----------------------------

私はもっともっと書きました。

亡くなった姉が
母を心配していたことも..

なかなかお見舞いに来なかった姉に
自分のクチから言えなかった言葉を
私に残していた言葉も..

きっと、亡くなった姉なら
こういうだろうと想像して伝えました

メールの最後に..

---------------------
ココへ綴った言葉は
ふたりの妹の愛を書きましたが
お姉ちゃんがこれをどう捉えるかは
お姉ちゃん次第です。

以前のお姉ちゃんは
よく笑っていました。

『今を生きる!』の本を
私に教えてくれたのはお姉ちゃんでした。

そのときの自分を思い出してください。

------------------------

昨日の面倒な記事に
コメントをくださいまして
ありがとうございました

コメントし難かったと思います

でもどうしても
吐き出したかったのです
ごめんなさいね

そんなごめんなさいの続きを
今日も吐きださせていただきました

またまたごめんなさい

いつもポチッと感謝です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

何故普通がいいのだろう?

昨日、母の年賀のデザインを
イラストを入れて一枚だけ印刷をし
母の隣に住む姉に送信したところ

「普通の方が良いと思う‥」

そう返事が来た

どうして普通が良いのか
私にはわからないな‥

姉の言う普通は
ありふれたもののこと
一般的なもので
何処にでもあるデザインのこと‥

姉に送ったのは
それを母に見せて欲しかったから‥

せっかく母が太極拳をしている姿を
イラストにしたのに‥
それはとってもほのぼのとしていて
元旦早々縁起がいいと思ったのに‥

姉の
普通の方が良いと思う‥には
続きがあった

母に不満がある話しが
書いてあって
私は悲しい気持ちになってしまった

そうか‥
母に不満がある人が
母が楽しそうに太極拳をしている姿を
良いとは思わないのね

でも、母からは
姉にいつも感謝している言葉しか
聞いたことがない

なのに姉からは
会うたびに母の不満を聞かされている

一緒に住んでいるわけでは無いのに
ご飯支度だって
母は自分でしているのに
姉は仕事をしているから
ほとんど顔も合わせないのに‥

隣に暮らしているだけで
何故不満なのか‥

亡くなったもうひとりの姉が
最後まで心配していたのはこのことだった

「お姉ちゃんはお母さんに敵意を抱いている」

そう言っていた

母の隣に住む姉は常に後ろ向きです
図書館から借りて来るのは
いつも前向きなことが書かれている本です

私たちに話す内容も
その本から得た受け売りですが
本をたくさん読むだけあって
知識は豊富なのです

でも、知識は豊富でも
意識は変わっていません

だから何度でも何冊でも
前向きになれる本を読むのだと思います

後ろ向きな性格は夫もそうですし
そうしたくているわけでは無いのは
わかるのですが
私も娘です
母を悪く言われるのは悲しいです

今朝、私は姉に
年賀デザインの返事をメールしました

……………………………

年賀のこと
もう一度考えてみますね

お母さんのこといつもありがとう
お母さんは頑張って
生活してくれています。

老いるということは
10のことが10出来なくなる
ことだと思います。

それは行動だけではなく
記憶も判断も気配りもです。

でも、私たちも確実にそうなります。
いや、もうなっていると思います。
人を許せない感情も
ひとつの老いの証拠だと思います。

お母さんは
お姉ちゃんのことをいつも褒めていますよ。

私はそこの部分は見習いたいです。

お母さんの今は
これから私たちが行く道です。
子供から嫌われていると感じたとき
どんな気持ちになるか自分たちに置き換えて
想像してみませんか?

きっと辛いはずです

……………………………

姉にはきっと
キツイメールだったかもしれません

でも、天国にいる姉の歯痒さを思うと
ここまで言っても良いんだと思いました

親子の関係は普通が一番だけど
年賀は楽しいデザインの方が
ずっと良いのにな!

いつもポチッと感謝です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

足踏み

私が子どもの頃
母は足踏みミシンで
洋服を作ってくれていました

既製品は高くて買えませんでしたが
メジャーで寸法を測って
一枚の布から
ぴったりのものを作ってくれました

思い出しました
寸法を測るとき両腕を広げると
脇がくすぐったかったこと‥
( ≧︎ᗜ≦︎)੭キャッ!

今日の足踏みはミシンではなく
健康の足踏みマットのことです

これは母の健康法のひとつで
30年間‥ずっと続けてきました

先日、使い続けてきたマットが
ヘタってきたので処分したそうです

30年も踏み続けられるとそうでしょうね(´∀`*)
よく持ちこたえたと思います

翌日、同じものを買うつもりでお店に行くと
売って無かったと..(・_・;

母は足踏みをしなかった数日間‥
眠れない日々に困り
薬に頼ってしまったと言っていました

そこで私が同じものをアマ◯ンで見つけ
注文し、無事に母の元へ‥

母の方法は、
朝、50回
夜、50回の計100回を毎日踏む


それは
87歳の歩く速度ではありません
駆け足で踏む姿に
私は思わず笑ってしまいました

母が健康を維持できているのは
足裏にある気がします

そして‥私も同じものを購入!
一日100回、夫とふたりで始めました

イチニイ(^ω^ ≡ ^ω^)サンシ
イチニイ(゚∀゚≡゚∀゚)サンシ

ベアーマット

いつもポチッとありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

棚上げ注意

電車の網棚の話ではありません(^◇^;)

自分のことを棚に上げて
人のことを指摘する人のことです

これはワタシ自身のことです
ハイ!( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾⇄棚上げ妻

過去に夫に指摘したことを
昨日反省し‥「ごめんね」と謝りました

それは‥

実家に帰る時に乗った高速バスの中に
私は皮の毛袋を置き忘れてしまいました

バス停で待っていた母を見つけ
嬉しくなって急いで降りたのですが
それが手袋を忘れた理由には
なりません(^^;;

降りるひとつ前で
ちゃんと準備をしていなかった
私がいけなかったのです

バスを降り
母と手を繋ごうとした時に
手袋を持っていないことに気がつきました

ちょうど私の目の前を
パスが通過した後のことでした

その手袋は
母から貰ったものでした

「どうしたの?何か忘れた?」
そう聞く母に
「大丈夫だよ!」と答えた私‥

実家に辿り着いてから
「実はね‥」と正直に話し
直ぐにバス会社に電話を入れました

会社からバスの運転手さんに
連絡をして頂き
手袋は無事に見つかったのですが

ココで私は思い出したのです

数年前‥夫がスーパーの休憩スペースに
買ったばかりの皮手袋を置き忘れて
5分後に戻った時は
もう無くなっていた時のことを‥

あのとき
「ぼーっとしてるから忘れるのよ!」
って私に言われ
しょげていた夫の顔が浮かびました

昨日、夫にその話をして
あの時のことを謝りました(ーー;)

人を責める‥
わざとじゃ無いのだから
責めることなどしてはいけないのに‥
一番ショックなのは本人なのに‥

そして
ちゃんと反省しているのだからね(・_・;

私の場合、行動する前に
周りをよく見なかったのが原因‥
反省しました

でもこれは
忘れ物に限ったことではなく
行動する時、人に何かを言うとき
慌てたり感情で走っては
大切なものを失ったり‥壊したり
してしまうかもしれないのだと
手袋を忘れて気がつきましたf^_^;

ところで‥
札幌の地下鉄には網棚がありません

それを知らない人が
あると思って雑誌を網棚に乗せた瞬間
人の頭に落としてしまったのを
私は一度だけ見たことがあります

行動する前に
周りをよく見ることって‥
ココでも大事でしたね(^^;;

いつもポチッと感謝しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

待っていてくれる人

今日は
1ヶ月半振りに
お片づけのお仕事があります

昨日LINEで
お待ちしておりますと
頂きました

嬉しいです
待っていてくれる人がいて‥

お片づけの後
そのお宅から‥そのまま真っ直ぐ
高速バスに乗り
実家に帰ります

今日は夫を置いて
一晩母と二人で
たくさん笑ってきます

母もまた
待っていてくれるひとりです

一泊したら
次は夫が家で
待っていてくれます

こうして
待っていてくれる人は
必ず何処かにいるって思う

しあわせなことです

いつもポチッと感謝です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
プロフィール

iomama

Author:iomama
北海道札幌市在住

夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる