適応障害になった原因

夫が適応障害になったのは20年前

我慢したことでそうなったのなら
原因はちゃんと分かっている

仕事の内容であり
職場での上司との関係でもあった

夫の場合焦りもあり
時が止まったようにも感じたはず..
最後は何も言えなくなり
倒れてしまった

夫は冷たく硬い何かに挟まり
身動きが取れない自分に
自信を失ってしまったのだと思う

これはあくまでも
夫からあれこれ聞きだして
私がそこから想像したことなのですが..

一度良くなっても
また心が辛くなるのは
強く残された嫌な記憶に
怯えるからなのかな?

「なんとかなる」という言葉を
なかなか受け入れられない夫..

夫に聞いてみると
「なんとかなる」の意味を
とても狭く解釈していました

なんとかなる...
今のことはなんとかならなくても
誰かが何とかするものなんです
なので何れは
なんとかなるのです

目の前のことを
自分がどうにかしなくては
いけないと強く思うのではなく

出来ないのなら
「スイマセン!出来ません!」と言おう!

それを言ったから
人生が終わるわけでは無いこと
「なんとかなる!」はみんなで何とかするのです

それが言えないという夫..
言うくらいなら頑張ると..

言えなかったから
自分を追い込んでしまった
その結果休職することになった

一歩前‥二歩前
倒れる前に言えるようにならないと‥

でも、言えない

そこが真面目過ぎるというか
融通が利かないというか‥

適応障害の人はみんなそうだとは言いません
他の人のことは知りません

夫のことですから‥

心の中に洞穴があるみたいで
笑っているかと思えば
ふと心配が過り..次の瞬間
ヒュ~~っと吸い込まれていくのです

おいおい!どうした!
と手を握るわたし‥

常に横にいても
こればかりは
口で言ってもなかなか助けられません

夫なりに頑張って来たから
今があるのかもしれない
どこかでわたしもそう感じてはいます

さて、最近元気な夫ですが
吸い込まれる穴を前もってふさぐ方法を
妻は考えているのです

( ̄ω ̄;)エートォ...
ふたふた..せんせん
つっぺ?
ウレシイこと?夢中になれること?
これがあればあとは何もいらないという
私で言えば白いご飯の上にタラコとか..

ただ今考え中!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

iomamaさん、こんにちわ。
難しいですよね、本人にはなれませんから、言葉の中から理解しようと努力するしかありません。
実際はそうでないのかもしれませんが、説明できないことも必ずあります。当人にしか理解できないことが。。。
でも必死に理解しようとしているiomamaさん凄いなぁ。
穴をふさぐ方法らしきものが、見つかるよう祈っています。

野付ウシさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます。

だんだん日が短くなって来ましたね!
秋に向かうと夫は寂しいと言います。
これもこころの病が関係していると
思っているみたいですが‥

私は秋は美味しいものがたくさん実るので
ワクワクなんですけどね( ´ ▽ ` )

どんな時が一番心に負担がかかるのか
何故そのような方向に心を
持っていかれるのか、何故‥って
長年私なりに考えて来ましたが
一向に答えは見つかりませんでした(^^;;

多分、本人にも
あまりわかっていない気がします。

落ち込む穴のフタを
何としても探さなくちゃ!と
真面目に考えているのですが
夫に言うと
「ママはふざけてる!」と
言われるのです(^◇^;)

お互いに伝えるのって難しいですね!

私も適応障害

旦那さんは適応障害になって20年経つんですね。

私は昨年末、仕事の質量ともにタイトなため適応障害になり、2か月休職しました。

4月に降格して異動となりましたので、仕事は楽になり、少しですが気持ちも落ち着いてきました。

自分を追い込むのは、一番いけないことですよね。

奥さんから暖かく見守ってもらうだけで、旦那さんは気が楽になると思います。

適応障害から卒業できるといいですね。

マーサーさんへ

こんばんは。
コメントありがとうございます!

マーサーさんは
昨年からお仕事が原因で
適応障害になられたのですね。

2ヶ月の休職で
復帰することが出来て
本当に良かったと思いました。

休むと体は一時的に楽にはなりますが
休んだことで夫の場合
休む前以上に落ち込んでしまいました。

休職が長くなればなるほど
復帰への道は遠くなりました。

今はどうにかお仕事に行っています。
治る日がいつなのかはわかりませんが
気持ちが楽になる時を
私も楽しみにしているのです。

励ましても駄目ですが
なんの期待もされずにいるのも
夫は辛いと言っていました。

マーサーさんも異動で少し
楽になられたとのこと‥
夫も春に環境が変わり
心が少し楽になりました。

適応障害から卒業出来るといいですね!

こんばんは

iomamaさん、こんばんは。

心の病気は難しいですね。
私は適応障害はないですが、ご主人同様仕事関係で
うつ病になりました。

お書きになられているように、ご主人も「なんとかなるさ!」
と思えるようになるといいですね。
でも、なかなか性格というのは変えられるものではありません。
やはり、うまく病気と付き合っていくしかないのかもしれませんね。

「スイマセン!出来ません!」
そう言えるようになるだけでもかなり楽になるような気がします。
(基本、私もあまり言えない言葉でありますが・・・)

では、よい1日をお過ごしください(^o^)/

ふた

おはようございます。

吸い込まれる穴を前もってふさぐ蓋が見つかると良い
ですね。夢中になれるものや嬉しい事が見つかると
良いですね、出来たら夫婦で出来る事だったら共有も
出来るし良いかもしれないですね。

ポチ☆

うめぞーさんへ

おはようございます。
コメントありがとうございます!

人の考えるクセは
なかなか治るものでは無いと
私も思っています。

夫を見ていて‥
これじゃぁ心も疲れてしまうわね!と
思うことが多いのですが
仕事以外は大雑把なところもあるので
神経質でも無いのですけどね。

うちでは出来ない出来ないばかり
言えるのに
コンニャロメです(;´Д`A

仕事を楽しめるのが一番
心を楽にしてくれるのですけどね。

うめぞーさんも
今日が良き日でありますように!

kaionさんへ

おはようございます。

吸い込まれないためには
どんな方法があるのか‥
腕組みをして
真剣に考えています(*´ー`*)

登山が好きな夫ですが
私が苦手なので
これが‥(^◇^;)ちょっとね!

体を動かすと良いと聞きますから
楽しく発散出来ることが見つかれば
脳の中も少しずつ変わるかな?って
安易な発想ですけどね( ´ ▽ ` )

フタ‥見つけます!

No title

何となく、何となくですけど分かる気がします。
私もhelpと言えず、一人で何とかしようと頑張ってしまうので。

前職場では、嫌がらせのように仕事が回ってきたりして
「そんなのも出来ないの?」と言われるのが嫌で一人で何とかしてました。
時には根性を見せるのも必要な時もありますが、
限界を超えてしまうとダメですよね。

自分の気持ちに蓋をして、我慢して。
学生のころから、忍耐強い子ねと先生に言われていた私。
いつの間にか弱音を吐けない人間になってました。

旦那には何でも言えますけど、付き合い始めのころは
「仕事は何でも出来るのに、なんで出来なくなるの?」と言われたことがあります。
その時に返した言葉が「仕事でもプライベートでも鎧を着て動けと言いたいのか!!」でした。
その頃は、まだ心も元気だったんですけどね(笑)

パニック障害になって仕事を辞めたら、仕事をするのが怖くなりました。
半年も休めば回復するだろうと思っていたのに、
先ず面接に行くことも他人に会うことも怖くなってしまいました。

仕事をしていた時も、楽しいと思ったことが一度もありませんでした。
ウチの旦那は、仕事は辛い時もあるけど、楽しいよと言ってます。
楽しめちゃうなんて羨ましいなと思ってます。

常に何かが気になり、あーだこーだ心配して
頭の中は休んでいないかも知れません。夢の中でも脳内会議したりして。

例えば 休日にお昼寝中、今夜の晩ご飯のことで会議してました。
外食にするかどうするか。
外食なら何が良いのか具体的に店名が出てきたり。
それを起きたら旦那に報告するということがあります(笑)

そんな私に「そりゃ、疲れるわ」と笑いながら旦那が言います。


見えないブラックホールに蓋をするのは難しいですね。
でも、iomamaさんがいつも照らしてくれていれば
深いところに吸い込まれずに済むと思います。
自分を守ろうとするとつい、殻に閉じこもってしまいますが、
閉じこもる前にクッションがあると気持ちも落ち着きます。

ご飯の上にたらこ・・・美味しいですよね^^

No title

考え方捉え方次第なんだけど
メンタル系の病を患っている人は

中々そうはいかないから
周りがr助けてあげなければいけないっ

気楽に何とかなるんだよっ
いずれはって思えば少し気持ちも軽くなるんだよねっ

mikan-tiiさんへ

こんにちは。
コメントありがとうございます!

過去の心の傷は
なかなか治らないのかも知れません。

怖かったことや
辛かったことなど
その人の中に記憶の傷として残っていて
何かそれに関連していることに近づくと
どうしても
拒絶反応を起こしてしまうのでしょうか..

夫もそうなのだと思うのです。
mikanさんもきっとそうなのですね。

人には限界があります。
みんなで一緒に助け合ってすることと
辛い気持ちで一人ですることと
例えひとりの範囲が同じでも
まったく違いますからね。

集中するには心も健康じゃなければ
ならないですよね。

でも、mikanさんは本当に頑張ったと思います。
ありえない環境の中で
そうとう苦しかったと思うのですよ。

頑張った!偉かった!

パニック障害が治るといいですね。
何処へでも行けるようになるといいですね!

北の国から祈っております。

ご飯の上のタラコ..三膳は食べられます(‐^▽^‐)

デコさんへ

こんにちは!
コメントありがとうございます!

考え方と捉え方..

うんうん!そうですよね~
夫もそこの部分は頭では分かっているようです。

やはり...心が一旦傷ついてしまうと
なかなか前向きに
考えられなかったりするのかもしれません。

そこは傍にいる人が
声を掛けて行くって必要ですよね。

よーし!声をかけまくるぞ~!

笑わしたる!

笑えば少しは晴れるもんね!
プロフィール

iomama

Author:iomama
北海道札幌市在住

夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる