妻から母へ

前の記事に
何故あなたは保留に出来たのでしょうか?
とご質問がありました

今現在悩み苦しみ
その中で誰にも相談できずにいらっしゃる方から

それは許せるものなのですか?
それでも一緒に居られるものなのですか?
長年支えていらして
この裏切りに腹は立たなかったのですか?

------------------- そうですね..

初めて知ったときは
大切にしてきたものが
崩れていく感覚.に襲われ
ショックで立っていられませんでした

夫が目の前に居ても
ココには居ないと思ってしまいました

私は夫にとって
もう価値の無い自分なのだと思いました

喪失感...無価値感...無力感

翌日平日でしたから
息子は学校(テスト中)があり
夫も私も仕事がありました
でも、話し合いは三人で朝まで続きました

辛かったです
息子に可愛そうなことをしたと思いました

詳しいことはもう書かないつもりですが..

■何故保留に出来たのか...

私は許すという言葉は
一度も使っていませんでした
許せることではありませんでしたから

でも別れることも簡単ではありませんでした

だから保留になりました

保留が9年続いています

■一緒にいられるものですか?

考え方を変えました
それが今日のタイトルです

夫と思うと腹が立ちますが
もう一人の息子と思うようにしました
毎日毎日そう自分に言い聞かせました

私にはそれしか
思いつかなかったのです

ですが
まず二人に別れてもらうことが先でした

なかなか連絡を止めないふたり..
私は相手になんとも恐ろしい妻を演じました

自分でもビビるくらい..^^;

でもわたし
松居さんじゃありませんよ

何処にも迷惑を掛けず
誰にも相談もせず
お金もかけずに...

夫の携帯をポキポキと折ったり
鍋で煮たりもしていません(^◇^;)

夫の携帯は相手との連絡を取る
大切なアイテムでしたからね

ある日、夫が携帯を置いて行きました

その夫の携帯から
私は相手に電話をし
その後すぐにメールで伝えたひと言で
二人はまったく連絡が取れなくなりました

あの時..よくそんなことを思いついたと
自分で自分を褒めたものでした

パソコンを開けば
何故夫はそんなことをしたのだろう?と
ネットで調べたりしていました

そこには
心の病の人は劇的変化を求め
今の自分を変えたいと思うことがある
だから中には
そういう方向に走る人もいるのだと
書いてありました

本当の理由は違うかもしれませんが

全ては病と思い
引き続き支えると決めたのです

でも私は
何年も泣きました

妻が母に
なれるわけではありませんから..

ですが私は夫が大好きなんです

別れる夢を何度も見ましたが
夢の中の私は
大声で泣いていました

目が覚めると
本当に涙が溢れていたのです

これが私の素直な気持ちなのだと思いました

そういえば
社会人になった息子と一度だけ
「パパと別れなかったけど..」の
話をしたことがありました

息子がこう言ったのです
「それで良かったんじゃないの?」

「そうね..今は本当に良いパパだし..」

私の経験は参考にもならないと思いますが

どうか後悔だけはされませんように..

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

iomamaさん、こんばんわ。
何ともコメントのしようが難しいお話ですね。
私も男なのでココでのコメントは控えます。
でも、今時はこれと逆パターンも少なくないですね。
男&女..どっちがドッチでも、感情に流されて家族を崩壊させる前に、一時保留にしてでも話し合わなきゃね。
iomamaさんの選択は正しかったと思いますよ。

野付ウシさんへ

こんばんは。

この記事にコメントし難いだろうと
思いながら書いていました(^_^;)

でも、コメントくださいまして
ありがとうございました。

こんなに苦労しましたと言う記事は
書きたくはないのですが
夫婦に色んなことがあったとしても
考え方次第で
続くものだということを
鍵コメさんに伝えたかったのです。

人は完璧ではありませんから
チャンスを与えられてその人が次に
どう変われるか‥なのかもしれません。

本当に
コメントありがとうございました。

No title

iomamaさんは大事な家族を守るため、鬼になったのですね。
許せるはずありませんよ。
無かったことに出来ません。

私の母は、直ぐに気付き父親と話し合っていたみたいです。
でも、なかなか止めないので「家を出ると」大騒ぎになったことがあります。
私が中学生の頃でした。
玄関で引き留める父親を振り払おうとしている母。
友達が迎えに来たので登校しようとする私に
父親が「お前も引き留めるのを手伝え」と言うので
「自分で何とかすれば?」と言って家を出ました。

当時、反抗期だった私。
今とは全然違う態度をしていたと思います。
母が本当に家を出てしまったらどうしようなんて
全く考えてませんでした。

今だったら、私を置いて出て行かないでと泣いて引き留めたと思います(笑)

相手を変えることは出来ませんよね。
自分の考えを変えるしかありません。

mikan-tiiさんへ

こんにちは。

なんともかなしいですよね。
何故そんなことが出来るのか
私には一生理解ができませんが
家族の悲しみ苦しみを
少しでも考えなかったのかと
よく泣いて言いました(^^;;

これも病なのでしょうか‥
病と思わないとやっていられないほどで
私はmikanさんのお母さまのお気持ちが
よーくわかります。

その場に居たくない気持ち
一緒に同じ空気を吸いたくない気持ち

でも、私の気持ちは
優先できませんでした。

何故そうなったのかの前に
やらなくてはならなかった。

それが鬼でしたね(⌒-⌒; )
証拠を押さえ突き付け脅し
恐怖で震えさせる‥
この流れで相手は
一気に離れて行きました。

私がした一連の流れに‥
あとで笑っちゃいました。

ひとり残されると
弱いものなんですね。
夫は本当に惨めなものでした。

でも、放っておけなかったのです。
家族ですからね。

私の鬼物語‥
家族三人の秘密になりました。

今、息子が離れて
ふたりになりましたが
馬鹿なことをした夫だけど
私にとっては大事なんだと思っています。

mikanさんの辛い心の中を
話してくださって
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

こんにちは。

私の考え方や対処の仕方は
それぞれに事情も違いますから
合わない場合もございます。

これは、私の場合です。
今まで、相談は受けたことはありますが
私が相談をしたことはありませんでした。

相談されて悩まれて
後悔されている方もいらっしゃいました。

まずは一生懸命考えることだと思います。
慌てて結論を出さず
自分が落ち着くまで待つこと‥

必ず客観的に
見られるようになるはずです。

でも、これには条件があります。
二度と相手とは
連絡が取れないようにすること。
そうじゃなければいつまでも
モヤモヤして疑ってしまいますから‥

人は完璧ではないこと
自分も完璧ではないということ。
未熟な中でも
キッパリと自分には言えることがあり
それは最後までブレないこと。

私の場合
一緒にいることが
イコール許すではないのです。

一緒に居ようと决めたときに
わたしは
「許すことは出来ないけれど
私は忘れるように努力します」
と言いました。

そして夫に
「あなたはこのことを
けっして忘れないでください」
と言いました。

多分、許してもらえないのは
苦しいと思いました。
でも、それだけのことをしたことを
忘れて欲しくなかったのです。

私たち夫婦には汚点がありますが
それも含めて夫婦で居ようと思いました。

キレイばかりではないこと‥
それでも一緒に居て
良かったと思えるようになったことは
息子が社会人になって言った

「それで良かったんじゃないの?」が
答えなのだと思っています。

鍵コメをありがとうございました。
プロフィール

iomama

Author:iomama
夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる