出会った頃

結婚するとは思わなくてね..
でも、何となく
気にはなっていた(^^;;

同じ職場だから
毎日顔は合わせるけど
おはようございますの挨拶だけ‥

課が違うから
飲み会があっても
一緒に‥とはならなかった

ところが
私の友人が夫の課の人と
結婚することになり
発起人の中に
夫と私が入ることになった

関わりが急に増え
集まりの後
みんなで食事に行くことも
不自然ではなく
私は発起人会が楽しみになった

この人がどうも気になる‥
それって‥

そんな気持ちを悟られる前に
夫は私に告白をした

平成元年
私たちは
如何なる時も共にあることを誓った

誓ったのだから
守らなくてはならない‥

それは例え
相手に裏切られたとしても
許すための努力をしなくてはならない

如何なる時も共に‥
なのだから

夫婦は荒波に
揉まれることもあり
積み上げてきたものが
一瞬で崩れてしまうこともあり

だけど、この先に何があるか‥
入ってしまった暗いトンネル‥
でも‥耐えた先に何が見えて来るのか‥

それが知りたくて
私は夫の裏切りを保留にしました

息子が高校一年の終わりの時だから
あれから9年過ぎたのね

荒波の船には息子も乗っていて
舵取りに力を貸してくれたっけ

あの時の
息子の一言が忘れられない

これは夫婦だけのことではない
これは‥家族の一大事!
そして僕もその中に居るんだからね

松居一代さんのやり方は
大反対だけど
それが本当なら
辛く悔しい気持ちはわかるわ

修正するって
相手を変えようではなく
自分を変えていかなければならない

夫婦って
伸びたり縮んだり
プチンプチンとキレもする
何度も縛り直して
根気よく繋げていく‥
それでも夫婦は夫婦なんだ

夫はバカなことをしたけれど
私はその分強くなり
息子は人より先に成長した(^^;;

高校生の子に
「僕は奥さんにした人を絶対に悲しませない!」
と言わせてしまった父親‥

荒波を越えた分
不思議と
家族の絆は強くなった
が、
父親としては
弱くなった(^◇^;)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

結果オーライ?

おはようございます。

旦那さんに裏切られたんですね。
でも保留にしたんですね。
子供が成長しちゃったんですね。
絆は強くなったけど父親が弱くなったのは
痛いですね。

ポチ☆

No title

よく踏ん張りましたね
。。デコもそれなら一度は踏ん張るよなぁきっと

身体の事を言われては
打つ手はないですが( ;∀;)

そう言えがもうまる5年経つんだなぁ
早いなっ

人数は減っても
絆は深くなったと声を大にして言いたいな^^

mamaさんもそうだね^^

kaionさんへ

おはようございます。

このことに気付いたのは息子でした。
私は全く疑うこともなかったのです。

子どもって見ているんですね。
変化を感じるのですね。

大事なテストの真っ最中に
発覚してしまいました。
息子を交え朝まで話し合った日‥
でも、あんなに苦しくても
今、笑っていられるのだからね(^^;;

父は息子に申し訳なかったという気持ちは
一生消えないのだと思います。

コメントありがとうございました。

デコさんへ

おはようございます。
そちらは雨☔️大丈夫ですか?

家族なのに
病気のことを理由にされては
私も一発で駄目でしょうね!

夫婦のことは
100対0ではないのかもしれません。
どんな理由があるにせよ
不貞行為は最低なことですが
もしも99対1の場合
その1の責任を果たす必要がありました。

母が気付かず息子が気付いた‥
呑気ですからね、わたしf^_^;

たくさん息子には支えてもらいました。

心の傷は無くならないけど
乗り越えた自信が
その傷の蓋になっている気がします。

デコさんも頑張りましたね!
母の姿‥見えていますよ!
そしていつも感心しています。

コメントありがとうございました。

No title

iomamaさん、こんばんわ。
夫婦っていっても、百組百態ですからねぇ。
それぞれの夫婦に様々な出来事、事件があるのは当然でしょうね。
松居おばさんは芸能人の端くれだから、個人的なことも大騒ぎして、公開して、稼ぐんだろうね。。。
でもiomamaさんは本当に強いわぁ!

野付ウシさんへ

こんばんは。

ほんと、夫婦百組いれば
ひとつとして
同じではありませんものね。

夫は優しい人でしたから
一生そんなことは
無いと信じていました。

何でしょうね‥
私はその時シニたくなりましたから
本当にショックでしたね。

でも、誰にも相談をしませんでした。
家族で解決しようと決めていました。
誰かに言ってしまうと
戻れるものも戻れなくなる気がしました。

なかなか離れない二人を離すために
私は鬼に変身しました。
今思えば
よくそこまで出来たと
笑ってしまうのですが‥(^_^;)

松居一代さんではありませんが
こんなに怖い奥さんでは
勝ち目はないと思わせました。

私の一世一代の大芝居でした。

時に人は間違いをおこします。
自分でしたことではあるけれど
何故そうしてしまったのか‥
後でバカなことだったと
気付くこともあります。

でも、私が保留に出来るのは
一度だけです。
二度はありません。

9年経ちましたが
「許す」という言葉は
一度も使ったことはありません。

こればかりは許されることでは
無いですからね。

私は強くなんて無いのです。
ただ、守りたいものが
三人の家族だっただけなのです。

コメントありがとうございました。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

初めまして。
鍵コメをありがとうございました。

話せば長くなるので
ご返事を記事にいたしましたが
もしかしてご返事になっていないかも
しれません。

もしもそうならごめんなさいね。
プロフィール

iomama

Author:iomama
夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる