人の最期は‥

私たちの最期は
何処でどんな風なんだろうね?
と、夫と話すことがあります

一見後ろ向きな話のようですが
いえいえ
誰にでも必ず訪れるこれからの話で
ちゃんと前を向いています

私の姉が亡くなってから
三年と3ヶ月が経とうとしています

あのときの私は
悲しくて苦しくて毎日泣いてばかりいました
どうしてこんなに早く逝かなくては
ならなかったのか‥
私にやれることがまだまだ
あったのではないのか‥

姉の写真に毎日話し掛け
会いたいと言い続けていました
姉の家族が心配するほど
私の落ち込みは
見ていられないほどだったと言われました

亡くなってしまった姉がいて
残された人たちがいる‥
どんなに悲しくてもそれを乗り越えて
生きなくてはなりませんでした

そんな中‥
ぽつりと言った姉の夫の言葉‥

見送ってくれる人がいるって
しあわせだよね‥
僕は◯◯に見送って貰えるものだと
思っていたからね‥

考えたら羨ましいよ
こんなに悲しんで貰えて
こんなに泣いて貰えて‥
僕のときは誰もこんなに泣いてはくれないよ

そして‥
「先に行く方が勝ちだね」って
悲しみを打ち消すように
言っていたことが思い出されます

夫は私に見送って欲しいと言う
でも、こればかりはね^^;

定期検診をしても
人間ドックを受けても
病気が潜んでいたとしても
見つけられないことがあります

何と無く自分で体の変化を感じていても
怖くて検査をしない人もいます

私もそのひとりです(^^;;

今日で最期だと思って
一日一日を大切に生きていこうと思います

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

色々考えさせられますよね(#^.^#)

そんな中で今を懸命に生きましょう

これから何がいつどこで
起こるか分かりません

自分自身の身に
ご家族の身に

それはだれにもわからないっ
。。しかし日々に感謝をして生きていれば
最期も全うできるでしょうね

それ出来るようにその日まで

デコさんへ

こんにちは。

私の命はいつまでなのか‥
それがわからないから
毎日を尚更大事にしたいなって思います。

でも、普段は忘れがちですね。

先日の登山で夫が危なく命を
落としそうになったことで
改めて思うようになりました。

夫は毎日自家用車で
出かけています。
「運転気をつけてね!」と言っても
事故に巻き込まれることもあります。

一日一日人も自分も大切に‥
そうしないと後悔が残りそうです(^◇^;)

コメントありがとうございました!

No title

iomamaさん、こんにちわ。
我が家もそんな話はたまにしますね。
妻は「私が先に逝くからね」といつも言います。
そんな都合よくいかないぞ!と私。
こればかりは、その瞬間までわかりませんね。。。

野付ウシさんへ

こんにちは!

やっぱりしますよねこの話(^^;;
でもこればかりは
順番は決まっていませんから
どっちが先かなどわかりませんね。

置いて行けないと思っても
連れて行けるわけもなく
人はひとりで生まれ
ひとりで死んで行くのだから
その時は人生に悔い無く
終わりたいものです(⌒-⌒; )

子どもにだけは世話にならないと
決めていますが
こちらも誰がどうなるのかも
わかりませんね。

逝きたくなったら息を止めることを
頑張ろうかなと‥思ったりしていますf^_^;

コメントありがとうございました!

No title

お二人でそんな話を出来るって、すごいなあと思いました。
私も一人で考えることはよくあって、
樹木葬にしてね(お墓に入れないで)、とだけは度々伝えてますが、夫の方がどう考えてるかは確認出来てません(自分の代の墓守は長男の自分だけど、その次は息子だな、とか言ってたので、お墓に入るつもりなのでしょうが^^;)。

いつ、なにが起こってもいいように。
毎日を最期と思って生きる・・・心がけてはいても、なかなか難しいことです。
iomamaさんの生きる姿勢からは、いつも学ばされています。

「人は二度死ぬ(一度目は肉体の死、二度目は生き残っている人の記憶から消える=自分を覚えてくれている人が誰もいなくなる時の死)」という言葉に、お父様を亡くした直後の友人が涙しました。私も、この言葉を思い出すと胸いっぱいになります。
それでも、やっぱり、生きていかなくちゃなあ。

明日もがんばろう、と思います。
いつも、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

最期

おはようございます。

最期ですか…
自分の場合は見送られたいですね。
妻が先に亡くなってら辛くて仕方がない
と思います。後追いをしちゃうかも。

健康診断も行っていないので既に病魔に
犯されているかもしれません。でも元気な
ので大丈夫かなぁ(笑)

ポチ☆

ナカリママさんへ

おはようございます。

人は二度死ぬ‥
そうですね!姉はいろんな人の
中で生きていて
多分忙しいと思います(笑)

ナカリママさんは樹木葬ですか。
人は土に還りますから
もっとも自然なことのような気がします。

私たちは姉が亡くなってから
こういう話をするようになりました。

まだまだ先と思っていたけれど
こればかりはいつ‥とは言えないですね。

夫が
「ママはパパより長生きしてね!」と言い
私は「良い人ほど先に逝く」と言って
笑わせています( ◠‿◠ )

夫はひとりっ子なので
親のお墓に入ります。
両親は健在なのですが
お墓はもう用意しています。

でも私‥自分の実家のお墓に入りたいなと
思っています。でも、そうなると
ひとりっ子の息子がいつか入るとき
私はいないなぁ‥
だけど、お嫁さんがいるからいいかな?
など、頭の中が
面倒臭いことになっていますf^_^;

亡くなった姉は
実家のお墓に入りたいと言っていましたが
結局は嫁ぎ先のお墓に姉の夫のご両親と
三人で入っています(⌒-⌒; )
希望は叶いませんでした。

私が実家のお墓に入る話は
今のところ夫に却下されています(・・;)

もう、どこでもいいや!(笑)

コメントありがとうございました。

鍵コメさんへ

おはようございます。

悲しめないって悔しいですね。
本当は泣きたいくらい悲しいことなのに
その気持ちにさせてくれなくて
悔しさだけが残る気がします。

お母様は
それが正しいと思ってしまった‥
良かれと思ってのことだったのか‥
わかりませんが
鍵コメさんが泣けなかったことを
深く反省して欲しいですね。

と言っても‥もう伝わらない悔しさが
またひとつ抱えてしまいましたね。

ですが、その間違いを
間違いとわかっている鍵コメさんで
良かったです!

夏バテには用心してくださいね。

コメントありがとうございました。

kaionさんへ

おはようございます。

夫婦間の支え方って
その家庭によって様々だと思います。

夫も「自分が先に逝くんだ」と
言っていますがこればかりはね(^^;;

私の父は13年前に亡くなりましたが
以前から私たちは母に
「お父さんを残して逝かないでね!」と
言っていました(^_^;)

残されてもちゃんと身の回りのことを
自分で出来る人は
多分大丈夫な気がしますが
父はお酒を飲む人でしたので
それが心配でした。

やけ酒は怖いですからね。

大切な人に先立たれると
心にぽっかり空洞が出来てしまうから
その後に支えてくれるのは何か‥

後追いは駄目ですからね(^^;)

コメントありがとうございました

No title

私も母を亡くしてから、考えるようになりました。
でも、言葉にすると旦那に怒られます。
ひそかに思うだけにしています。

私が先に・・・。
残されたら、耐えられそうにないのです。
もう、大事な人を失いたくないと強く思うので
できれば、見送られたい。そう思うのです。
わがままですよね。

神様にしか分からないので、何だかんだ言っても自分にまだまだやるべきことがあるときは、思い通りにはなりませんけど。

お姉さまが旅立たれて3年3ヶ月が経つのですね。
3年・・・私も毎日泣いてました。
周りの人も何て声をかけたらいいのかと思うほどだったと後から聞かされました。

私も自分の体調が悪くても限界まで我慢してしまいます。
早く医者に行けば早く治るかも知れないのに。。。
怖くてなかなか行けないんですよね。



mikan-tiiさんへ

こんにちは。

辛い別れを経験していると
二度と嫌だと思ってしまいますね。

出来れば私も見送って貰う方を
選ぶと思います。

でも、我が家の場合
夫は家事をして来ませんでしたから
苦労するのでは無いかと思うのです。

辛い中の出来ない家事‥
シーツを取り替えることも
しないのだと想像すると
私も先に死んでられません(^◇^;)

そう考えると
息子の一人暮らしは正解だったのだと
改めて思いました。

ご主人にどちらが先に‥の
話をすると怒られるのですね!
多分縁起でもないと
思われるのでしょうね。

そしてmikanさんが
愛されていることもわかります。

病になってから
話しても遅くはないのでしょうけど
病になった時こそ話せないものです。

私たちは
冗談のように笑いながら
言っていますから
暗い話にはならないのだと思います。
内容は全て本心ですけどね(^^;)

体の調子が悪くなっても
私も病院には行きません。

以前は毎年人間ドックに行っていましたが
息子が大人になったので
あとは自然に任せることにしました。

でも、mikanさんはちゃんと
行ってくださいね!
ご主人が悲しみますよ!

コメントありがとうございました!


プロフィール

iomama

Author:iomama
夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる