この日を迎えられるとは

夫も私も
思っていなかったと思います

永年勤続30年

昨日その式典に
夫婦で出席してきました

同期は昨年受賞されていますが
夫は休職期間があるため
一年遅れの今年となりました

本当はわたし
出席したくないと言ったのです

表向きは
式典に着る服がないから‥

でも本当は
役員などに顔見知りも多く
会いたくないと
思ってしまったのです

でも夫から
ママが出席しないのなら
パパも行かないと言われ
出席することにしました

こういうことから
全てを支えているつもりでも
支えきれない自分がいるってわかるのです

でも、出席してよかった‥

受賞者代表の答辞を聞いて
涙が出そうになりました

その方と夫とは
歩んできた道のりは違うけれど
この30年という長い年月は
努力なしではここまで来られなかった

みんなそれぞれに
頑張って来たから今この場に居る
そして夫もそのひとりなのだと‥

受賞式後の会食の席では
顔見知りの役員たちから
お祝いの言葉をいただきました

肩をたたかれ
「元気だったか?よかったな!」と‥

夫のことでたくさん心配かけたまま
会うことがなくなっていたので
私たちの元気な姿をお見せ出来て‥
お礼もちゃんと言えて
出席して良かったと心から思いました

30年前の職員録が
会場の入口に置かれていて
中をみると
まだ末席だった時の夫の名前が‥

それを画像に残しました(^◇^;)

夫には心から感謝しています
心の病でありながらも
今日まで勤めてきたことに
心から褒めてあげなくてはなりませんね

今日もポチッとお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます

iomamaさん、おはようございます。

永年勤続30年、おめでとうございます。

長かったことと思います。いろんなことがあったと思います。
でも、ここまできたのです。ご主人を褒めてあげて下さい。

これからは定年まで勤めるのか、それとも途中で
退くのか、お二人で相談しながら進めていかれますように。

ご主人を支えてこられたiomamaさんも、感激ひとしお
だと思います。今回のことは、二人で力を合わせてきたから
掴み取れたものです。ほんと素晴らしいと思います。

改めまして、おめでとうございました。

二人三脚

勤続30年……まさに二人三脚の年月でしたねぇ。
ご主人、大したものです。
おっとぉ、iomamaさんも、もちろん(^_^ ;)

息子さんの自立は、iomamaさんご夫妻の自立でもありますね。
理解ある息子という拠り所がなくても、
iomamaさんが、夫が、それぞれに自立できる前兆に思えます。
さらにパパは、iomamaさんを独占できて、案外、
嬉しいのでは?‥なぁ~んて想像します。(*^▽^*)

鍵コメさんへ

おはようございます☀

お祝いのお言葉を
ありがとうございます🌸

夫のこれまでの人生は
辛い日々が多かったけれど
どんな道でも
歩いて歩けないことは無いのだと
昨日改めて思いました。

これからはもっと楽しく
支えて行きます!

( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾
鍵コメ嬉しかった💕
ありがとうございました!

うめぞーさんへ

おはようございます。

お祝いのお言葉を頂きまして
ありがとうございます!

人生とは‥
様々な苦労があるものだと‥
まるで障害物競走のようで
転んだり困ったり後戻りしたり
どうしてみんなはスムーズなんだろう?と
人を羨ましく思ったりもしましたが

間違いなく自分の人生を
自分が歩んで来ただけなのだと
今になって気付いた次第です。

山坂あって当たり前‥
苦労があって当たり前
これからは何処まで行けるか
ココで休憩するのか、道を変えるのかは
夫の心任せにしてもいいかな?と
思ったりもしますが

私は一日でも長く
この道を歩んで行って欲しいから
励ましながら支えていきたいと思います。

コメントありがとうございました。



風子さんへ

おはようございます!

お祝いのお言葉を頂戴し
誠にありがとうございます。

褒められると嬉しいものですね。
特に夫のことを大したものと言われると
辛い中を這うようにここまで来た夫の姿を
思い出し、忘れていた褒める気持ちを
私も思い出させて頂きました。

息子の自立は
私たちの自立でもありますね。

今、コマーシャルで
離れていても家族は家族じゃないか‥
と、ありますが(笑)
ホント何処に居ても
家族に変わりはないのですものね!

これからは夫婦二人になるのですから
更に支え合っていこうと思います。

コメントありがとうございました



おめでとうございます!!

おはようございます。

30年間色々とあったかと思います。
一言で何て言い表せられないですよね。
まずは旦那さんにお疲れ様、そしてiomamaさんに
お疲れ様ですね。

これからも二人で力を合わせて進んでいけたら
良いですね。

ポチ☆

kaionさんへ

おはようございます。

お祝いの言葉を
ありがとうございました!

心が病むと
体の動きにも制限されるようで
夫は自分を動かすことから
努力をしなくては
ならなかった気がします。

なかなか理解されない中で
仕事をこなさなくてはならない辛さは
本人にしかわからないかもしれませんが
暖かく見守ることは出来るので
これからも私なりの励ましで
支えて行けたらいいなと思っています。

コメントありがとうございました。

No title

永年勤続30年、おめでとうございます。

30年、本当に長い年月です。
頑張り続けた旦那様と支えてきた奥様の
二人の力ですね!
お二人一緒だからこそ迎えられた日だったんだなと、素敵なご夫婦です。
素敵な授賞式だったのだろうと
なぜだか私も感動しました!
改めて、おめでとうございました。



旦那は昨日実家へ荷物を運び
別々の生活が始まりました。
離れる前はやっぱり寂しくてそっけない態度に
なってしまった自分に反省しかありません・・

でも何を気にすることもなく
眠りたいときに眠って、気を使わず
休み続けることが出来るようになったんだと、
大黒柱という大きな背負っているものを
置けた今、やっと彼の療養生活が始まったのかも
しれないと昨日の夜子供たちが寝て、
一人になった時に思うことが出来ました。

離れての生活がいつまで続くか分からないという
不安はありますが、
きっと離れて見えてくるものもあるはず、
今は私自身も力を抜いてリフレッシュして
父親と離れて寂しい子供たちと
向き合っていこうかと思っています。

病気と向き合うって本当に難しいですね

No title

おめでとうございます^^
色々ありながらも過ごした日々
苦しい事も多々あったでしょう

でもでも旦那様の頑張りやiomamaさんの支え
待っていてくれた職場の人々
みなさんの支えあっての受賞

想いが込み上げてくるでしょう
お二人ほんとにがんばりましたね

これからも40年を目指して
ふぁいっ

マロンさんへ

こんにちは。

お祝いのお言葉をありがとうございます。

休職する前..したあと、復帰するときはもちろん
この日を迎える昨日の朝まで
受賞式に出席できるかどうかも
自信がありませんでした。

目の前のことで精一杯で
一日一日をどうやってやり遂げようか..
そればかり考えていましたから..

昨年の繁忙期..
一日行けたら儲けもの..
翌日の朝、スーツを着て靴を履けたら
偉い!と思っていました。

今年の3月も
4月を跨ぐことすら無理だと思っておりました。
今、5月になろうとしています。
心の病は日々不安と戦っています。

それでも30年を迎えることが出来たことは
奇跡に近いものだと思いました。

今朝も、行けるだけ行ってみる
ダメだったら帰ってくる

これからの毎日も
そうなのだと思います。

心の病は自分の体を動かすことから
頑張らなくてはなりません。

ご主人も一旦休憩するための
大黒柱を封印なのでしょう

マロンさんも良く頑張りました!
頭ではわかっていても
心の中では「何故?」となったでしょうね。

私もずっと「何故?」が離れませんでした。

何故?は本人にもわかりません。
わかっていれば体はスムーズに動くのです。
わからないから何かに支配されているようで
動けず辛い悲しい時間ばかり過ごすのです。

だけど、このままじゃないはず。
良くなるための今なのですから
催促せずに見守ってほしいと思います。

不安になったり 寂しくなったり
辛くなったりしたら
・・・何もなくても(笑)
いつでもコメントをお待ちしております。

ありがとうございます。

デコさんへ

こんにちは。

お祝いのお言葉をありがとうございます。

人生はいろいろとあるものですね。

スムーズに進んでこられる人は
自分の中で苦労を
楽しさに変えられる人のような気がします。

辛くて落ち込む人と
この道に来てしまったけれど
ひとつ賢くなったんだって顔を上げる人

同じ経験でも、しあわせな人は

この差...のような気がします。

これからも
落ち込む夫の頭をいかに上げてあげるか!
私の努力はそこなんですよね^^

コメントありがとうございました!

No title

iomamaさん、こんばんわ。
じっと耐えながら送り続けて迎えたこの日、感動ですね。
よくぞ双方とも頑張りましたね。
あと数年あるようですが、後々のためにもお二人で継続してくださいね。
私は最初の会社を32年ほどで退社しましたが、表彰と言えば10年表彰だけでした。
その後は2つの職場を経験しましたが、結果としてリタイアするまで良い人生だったと思っています。
後悔のないようにお二人も共に歩んでくださいね。
本当におめでとう、そしてご苦労様でした。m(_ _)m・

野付ウシさんへ

こんばんは。

お祝いのお言葉を
ありがとうございました!

30年の式典に出席するなど
思ったことはありませんでしたが
どうにかここまで来ることが出来ました。

夫の場合は
一日一日の積み重ねでした。
明日は行けなくても
今日だけ行ってみよう!

そして翌日もその繰り返し‥(^_^;)

それでも歩くことをやめない限り
前に進んで来られるものなのですね。

先ずは一区切りですが
次の区切りを目標に歩き出してみようと
夫が今日言ってくれました。

私はまた支えていこうと思います。

いつも温かなお言葉を
ありがとうございます。
プロフィール

iomama

Author:iomama
北海道札幌市在住

夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる