とうとう息子が..

昨日、部屋を決めてきた(๑꒪⍘꒪๑)

引越し予定が前倒し...

は~....ぁ (;-_-) =3 寂しい..

息子の職場は激務だから
いつもシンデレラの時刻に帰ってきて
お風呂に入り夕飯を食べる

「美味しい!」の声が聞きたくて
野菜炒めも焼き魚も
帰宅に合わせて出来たてを用意する

それは私がそうしたいから..

みんなは「作っておけばいいのに!」って
言うけれど、仕事で遅くなるのに
しな~っとした野菜は出したくないし
そこだけは私の拘りなのです

だけど...これからは
コンビニから買ってくるのか
途中で食べてくるのかの
どちらかだね

体を壊さないようにしてほしい

たまに帰ってくるって言ってたから
その時は
驚くほど美味しいものを作ってあげよう

一緒に暮せるのもあと少し...

ブログ書いているだけで
何だか涙が出てきた

(TmT)ウゥゥ・・・

そうだ!笑うって決めたんだっけ!

(T▽T;)ケッケッケッ

ポチッ..よろしく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

iomamaさん、こんばんは。

iomamaさんのお気持ち察しいたします。
寂しいですよね。

でも、遠くに行って会えなくなるわけでないです。
スープの冷めない距離。そのぐらいで居ることが
丁度いいと思える時がくる気がします。

そうです、笑いましょう!!
笑って息子さんを送り出してあげましょう。

うめぞーさんへ

こんばんは。

スープは冷めちゃいますが🍲
冷めても腐らないうちに到着するので
よしとしなくてはなりませんね。

(๑ᐤ᷄⌓︎ᐤ᷅๑)はい!
笑って送り出します。

にっ‥( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

コメントありがとうございました

こんばんは

お気持ち、すごくよく分かります、寂しいですよね。
しかも激務、とのことなので、ご心配は尽きないことと思います。
帰ってきたら美味しいものを食べさせてやりたい、というお気持ちも、同感です。

>ブログ書いてるだけで何だか涙が
・・・読んでいるだけでもらい泣きしそうです。
でも、笑って送り出す、その前向きさが、さすがiomamaさん!力づけられます。

一緒に、息子さんのご無事を祈っています。

No title

こんばんは

仕事と両立、体は もう慣れましたか~?
iomamaさんの お子さんは幸せだなぁ・・・
と思うのですよ。
いつも親には思われて、私など結構子供は
ほったらかしでした。

息子さんの一言が素晴らしい。
「忙しい人は悩む時間さえない」というのは正解です。

この先も心の距離で結ばれています様に~ ♪

No title

iomamaさん、こんばんわ。
息子が一人暮らし...ん十年前の自分が就職した時のことを思い出します。
通うには少し遠く、マイカーなんて珍しい時代ですから、安アパート暮らし。
給料が安く食べるのがやっと...親は心配して米をくれました。
当時は親も忙しく「ハイそうですか、じゃ元気でね」という感じでしたが、内心は心配だったと思います。
でも「兄弟4人の中で一番手が掛からない子ども」だったようで、アレなら心配ないさ!と送り出したそうです。
いくつになっても、親は子を見守っているんですね。

ナカリママさんへ

こんばんは。

ずっと一緒だったし
まだまだ一緒に居られると
思っていました(^_^;)

考えたら
私も若い頃ひとり暮らしがしたいと
何度も親に
お願いしていたことがありました。

お嫁に行くまでは出さないと言われ
泣いたくらいでしたけど
今になってその時の親の気持ちが
わかります。

男の子ですから子どもの親離れを
反対してはいけませんね。

わかってはいるのですが
それでも寂しさは消えませんね。

食事は、美味しい状態で
食べて欲しいから
ずっとそうして来ました(^-^;

もらい泣き‥(T ^ T)しそうでしたか?
母親の気持ちは同じなのですね。

ナカリママさん
コメントありがとうございました

そらまめさんへ

こんばんは。

仕事との両立は長年のリズムが
体に染み付いたままなようで
自分の体に感謝です!(^。^)

今更なのですが
本当の子育てって
私のような育て方では無かったと
気がついたのです(^-^;

子を育てるというのは
社会人になるときには
一人前にしなくてはならなかった‥

なので、そらまめさんが
正解なのだと思います。

何でも先々にやってしまう私では
ダメなんですよね。
息子に申し訳なくてね。

それと同時に
私自身が半人前であると
気が付きました(笑)

なのでこれからは
家族みんなで半人前からの
スタートです‥(^_^)

その中でも考え方が大人なのが
息子のような気がします。

いざという時のひと言は
いつも考えさせられます(⌒-⌒; )

そらまめさん
コメントありがとうございました

野付ウシさんへ

こんばんは。

親はどの時代でも内心は心配だったと
思います。
昔は、お米や新しい下着など
小包に詰めて手紙と一緒に
送っていたのでしょうね。

息子は同じ市内ですから
いつでも会えるのですが
だからと言って毎日息子のマンションに
行くなんてことも出来ず‥
電信柱の陰から見ているのも
不気味ですし‥|・ω・*)チラ

本当に困ったときには力を貸す
くらいが丁度良いのでしょうね。

わかっているのです。
わかってはいても涙が勝手に
流れて来るのです (T ^ T)うぅ‥

あと2回くらい泣けば
治る気もします( ⸝⸝◦︎_◦︎⸝⸝ )

野付ウシさん
コメントありがとうございました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

おはようございます☀
と、晴れマークにしてみましたが
こちらは今朝からどしゃ降りです☔️(^-^;

子供からの無償の愛‥
たくさん貰っていますね♡︎
その宝物は、ひとつもこぼさず
胸の中にぎゅっと詰め
私たち母親の
生きる力となっていますよね!

母からも子どもには
温かくて美味しいものを
食べて欲しいから
どうしてもそこの拘りは
捨てられないもんね!

そうしたいからそうしているだけ‥ね!

いざという時の息子のひと言に
頼もしさを感じています。
我が家の場合、親が半人前なので
子どもはしっかりしてくれたのかな?と
思ったりしてねf^_^;

鍵コメありがとうございました!
嬉しかったです( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

寂しいですね

おはようございます。

息子さん、部屋を決めたんですね。
寂しくなりますね。でもその分帰ってきた
時には豪勢にやりましょう。
元気出して下さいね。

ポチ☆

No title

寂しくなりますね。
お家の中もなんとなく静かに感じてしまって
寂しさが込み上げてくるかもしれませんね。

そんな時は、連絡して心の穴を埋めてくださいね。

No title

お返事ありがとうございました。

毎回すごく救われています!
実家で療養と言われた時は
私自身を否定された気持ちになってしまって
モヤモヤしていたんです。
そういう意味では無いと頭では分かっていても
準備のために旦那の荷物が少なくなっていく
部屋を見ているとやっぱりそう言われているような気がして、心が付いていきませんでした。

早く治す為に実家で療養する、
早く元気になって戻ってくるから、
その言葉にそれ以上もそれ以下もないんですよね

でも昨日良いことだと思うと言って頂いて
むしろ旦那が逃げ場があることは彼にとって
良かったのだと思えてきました。
いってらっしゃいと背中を押せそうです!
本当にありがとうございました。

息子さんの一人暮らし、
私はまだまだ先の話なので想像出来ませんが
きっと私も泣いちゃいます(笑)
何より体が心配ですよね・・
仕事が忙しいと尚更、
子供の成長も嬉しく頼もしい反面
親元から離れていく寂しさもありますね。

私も見習って笑って送り出します!

kaionさんへ

こんにちは。

寂しい気持ちは
この家から離れる日がピークかも
知れません。
なのに今から泣いてしまって(T ^ T)

でも、次は帰って来る日を
楽しみにして、豪勢な食事で
迎えてあげたいと思います。

コメントありがとうございました!

mikan-tiiさんへ

こんにちは。

同じ市内なのに
同じ屋根の下じゃないことが
こんなに寂しいとはね。゚(゚´Д`゚)゚。

子どもに依存している親は
良くないって分かっているのですが
どうしても涙が出てしまいます。

時々帰って来てくれるし
遊びに来てもいいよ!と
言ってくれているので
寂しくなったら
夫と二人で行こうと思います。

コメントありがとうございました!

マロンさんへ

こんにちは。

こちらこそありがとうございます。
私も、支えている人から話を伺うと
忘れていたことに気付くことがあります。

ひとりでは支えきれなくても
誰かの言葉によって考え方を変えられ
心が楽になることもあります。

悩みは共有すると
今まで出せなかった力が出て来たり‥
ひとりじゃないって思えたりね。

ご主人の背中にそっと手を添えて
いつでも帰って来てね!の言葉と共に
送り出してあげられたら
きっとご主人の心の中も少し軽く
してあげられるはずですものね(^。^)

私も経験は長いので
この病に対しての自分なりの知識も
少なからずあると思っています。

それが何の役に立つのかは
わかりませんが
支える人の心を軽くしてあげられるなら
この経験は無駄ではないなと
思うようになりました。

ブログを始めた時は
支える側の言葉が集まりませんでした。

でも、先ずは
心の病の人の心の中の言葉を知りたくて
ブログを始めたのです。

不思議と、目の前の夫のことは
理解出来なくても
他の方の心の中は理解出来たりして‥

これも、自分に降りかかることには
目を背ける傾向にあると気が付きました。

本当に支えるためには
心の病をちゃんと理解することが
先なのだと思ったのです。

まだまだ心の病は
分からないことだらけですが
心の辛さを深く広く逃さず知り
私自身ももっと楽しく支えていけたら
いいなと思っています。

マロンさん
またご意見お聞かせくださいね!

コメントありがとうございました。

No title

立派な独り立ちですよ^^
拍手しましょうよっ

遠くにいくのではありません
直ぐ帰って来れらる距離

寂しいでしょう
感慨深いのもあるでしょう

自立は親として喜ばしいとデコは思いますよ

泣いてもいいよっ
但し送りだす時はこう言えばいい

いつでも帰っておいでと^^

デコさんへ

こんばんは。

立派な独り立ちですよね。
分かってはいるのですが
涙が勝手に流れて来ます(T ^ T)

さぁ!盛大にお祝いだ!
みんな!飲めや歌えや!

( ;⊙︎´◞︎౪◟︎`⊙︎)って言ってみました。

コメントありがとうございました
プロフィール

iomama

Author:iomama
北海道札幌市在住

夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる