夫の実家へ

いつも夫の両親には
心配ばかり掛けていて
電話だけでは
悪い方へ想像させてしまうから
昨日は日帰りですがみんなで行って来ました

本当は数日前に
一度は行くことを断られました^^;

両親は怒っているのではなく
お義母さんは息子である夫と会うのが
怖いらしいのです

辛い思いをしている息子の顔を見たくない..
見ると今以上胸が苦しくなって
お義母さん自身が生きていられないと..

何だか、夫とお義母さん‥
二人ともとても似ています

悪い方へ考えるクセ..

起る前に
起ったらどうしようと思ってしまうクセ..

私には考えられないです

数時間、お菓子を食べながら
話をしました
切羽詰まった話ではなく
人生とは・・・
そんな話でした

その中でスマホをいじっていて
少しも参加していなかった息子が
最後に言ったひと言...

-----------------------------
悩む時間があるって余裕だね
忙しい人はその悩む時間すらないんだよ
-----------------------------

出ました!息子の
ここぞというときのひと言。。。

どっちが親かわかりません ┐( ̄ヘ ̄)┌

もう少し悩む時間を別の時間に使えたら
どれだけ人生が楽になることでしょうね

今日もポチッとよろしくです!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

iomamaさん、こんばんわ。
息子さんに拍手!
淡々と言葉を発しているが、よく考えると納得してしまう...そんなタイプの子かな?
実際に全部がそうではありませんが、考える余裕もなくまっしぐらに突き進んでいる人は、悩んでいる暇もないですね。(本当は悩みながら走っているのですが)
大人は物事を複雑にし過ぎるのかもしれません。
子どもはシンプルに物を捉えているかもね。

野付ウシさんへ

こんばんは。

息子に拍手を
ありがとうございます(^_^)

夫はあまり残業もなく
ほとんど定時で帰ってくるのですが
息子は毎日激務で帰りも
ほぼシンデレラ状態です。

なので息子から
「何が大変かがわからない」と
言われてしまいます(^_^;)

心の病の原因は忙しさだけでは
ありませんが‥
理解して貰うには
まだまだかかりそうです。

コメントありがとうございました!

こんばんは

iomamaさん、こんばんは。

どうやらご主人は、お義母さまに似ておられる
のですね。
幼少期に、一番近くにいる母親から影響を受ける
ということは、ごく自然に考えられることです。

息子さんの言葉、確かにそうかもしれません。
でも、若さというのはいいものですね。
悩みすらも吹き飛ばすパワーを持っているので
しょう。

結局ご主人は、実家の方に行かれたのでしょうか?
記事を読む限り、ご主人の存在が感じられないので・・・
心の病と言うのは奥が深いものです。
ただ、それを治すにはいい医者と薬に出会うこと
が大切です。当然現在、精神科の主治医がいると
思いますが、あまり良くないようでしたら病院を
替えてみるという手もあると思いますよ。
最終的に、心の病の治療で一番大事なのは薬で
あるのが事実です。

うめぞーさんへ

おはようございます。

夫も一緒に実家へ行きました。
行くと実家の両親は
仲良くケンカしていました。

多分、お義母さんの心が
安定していないのだと感じました。
お義母さんは昨年甲状腺ガンになり
手術をしていて
思うように声が出ないので
お義父さんに出難い声で
不満を言っていました(^_^;)

まぁ、漫才のようにも聞こえましたから
今はトムとジェリーのような
関係なのかとも思いました。

夫に心療内科を変えてみては?と
言ったことがあるのですが
変えるということが夫にとって
とても負担のようです。

息子の場合私に似て
あまり深く考え込まない性格です。
多分、仕事に行けないくらい悩むことを
理解できないのかもしれません。

コメントありがとうございました

∵ゞ(´ε`●) ブハッ!!

息子さんの一言…∵ゞ(´ε`●) ブハッ!!
いい性格してますねぇ。

観てると、取り越し苦労する人は、悩みを拾い集めているようにも見えます。
そんな人が傍にいると、波動が伝播してしまいます。
一方、息子さんや、iomamaさんの、ものの見方は
苦労の中の幸せな部分を拾い集めるタイプ。
苦労の中の幸せは、忍耐や知恵、慈悲や゜洞察を育みます。
同じ『時間』を共有しているのに、
受け止め方で天と地の違い……。
ご主人は妻と息子の両者に守られ、
ある意味、幸せな人ですね。

いつか、たっぷり時間があるときに、
輪廻転生とか、役割とか、話してみたらどうでしょう?
それを克服することが『今生の課題』みたいな話です。(^_^ ;)
視点を広く高くするには、うってつけの世界観なんですが……。

息子さんのひとこと

おはようございます。

まずは上手く行動が出来て実家に行けた事を褒めましょう。
話も出来たしね。

それにしても息子さんのひとこと鋭いですね~

ポチ☆

No title

ご実家いかれたんですね!
良かったです。

息子さん凄い!!
確かにそうですね!
その一言に私もハッとさせられました。
がむしゃらに走るしか無い時には
頭であれこれ考えてる余裕すらないですもん!

頭で考えるのも良い時と悪い時
何事にも隣り合わせですね。


そんなうちの旦那はもうちょっとしたら
実家にて療養する事が決まりました。
私はまだその決定にもやもやしてるんですが・・
でも彼が決めたことなので、
今は否定せずに見守ることが大事と思いながらも
一緒に乗り越えるという選択では無かったんだとマイナスに受け取ってしまって
一人モヤモヤです。

笑顔で見送る事が出来ない自分も嫌になりそう
ですが・・

でも子供もいるので静かな環境ではないですし、
叱ったりする時なんかも大声も出してしまうので
常に誰かが家にいて、静かな実家で療養する方が今の状況では良いのかもしれないと
頭では分かっているんですが・・

悩み過ぎて物事を複雑に考えすぎてるのかもしれませんね。
起こったことをシンプルに受け取って
今は流れに身を任せてみるしかないですね。

毎回相談みたいな感じですみません(汗)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

風子さんへ

こんにちは。

悩みの種を拾い集めている..
その通りです!

さすが風子さん!

夫は最悪の状況を自分の中で想像し
もしもそうなってしまったときにでも
そう思っておくことでショックを和らげる..
という方法をあえて取っています。

何だか、私には
人生が勿体無く感じるのですが..

いつも最後には「性分だから」で〆られます^^;

好きでしているのなら
仕方が無いけれど
飛び火はやめてよね!って言うのです。

輪廻転生...
ときに話すことがありますが
聞いているのか聞いていないのか..
自分のことで精一杯なんだって思います。

夫との付き合い方を
見ていて辛いと思わず
面白い人間である!と思うようにしています。

そう思えると私の心が楽になりました^^

コメントありがとうございました!

kaionさんへ

こんにちは!

やっと行けたといいますか
夫は行きたかったのですが
実家の両親が「今は来ないでくれ!」と
半分拒否していました(^▽^;)

もう高齢ですし
心配するのは疲れたらしく
全て妻であるiomamaに任せる!
と言われていました。

とは言っても、親ですから
ひとり息子は会いも行きたいですからね。

実家に行くと
夫の両親にもそれなりに悩みがあるようで
たまに喧嘩のようになり
私は宥めながら
お互いの言い分を聞いてきましたヾ(;´▽`A``

まぁ、楽しかったです( ´,_ゝ`)プッ

コメントありがとうございました

マロンさんへ

こんにちは。

ご主人、実家で療養されるのですね。

私は良いことだと思うのですよ。

妻と一緒ではダメということではなく
多分、今は一家の大黒柱で
居たくないのだと思います。

肩の力を抜くには
親の側で親の下に戻り
少し考えたいのではないでしょうか..

心の病は
環境を変えて良くなる場合があると思います。
何かが変わる気がする
きっと変わる!

ご主人はそう思いたいのだと思います。

私も夫が休職をしたとき
実家で療養することを勧めました。

ですが夫は
自宅にそのまま居ることを選びました。

現実逃避は
心の病をもった人だけではなく
時に支える側も...

毎日支えることが辛くて
支える側の心の余裕を奪うことも多かったので
私も頭を抱える日が続いていました。

支えるって並大抵なことでは無いなって..
それが実感です。

息子のひと言...
いつも助けられています。

何も聞いていないようで
しっかり聞いているし
しっかり見ているんだって思いました。

私より頼もしいのですが
息子が来月早々、家を出て
一人暮らしをすることになりました。

親離れは成長の証ですから
喜ぶべきなのですが
母は寂しいです。

夫が実家暮らしをしても寂しいと思わないのに..
私は案外冷たい妻なのかもしれません。

マロンさん、いつでも相談&愚痴など気にせず
コメントしてくださいね。

ありがとうございました。

鍵コメさんへ

こんにちは。

実家との関係も含め
私と環境が似ているのですね。

息子は子どもの頃から
親を良く見ていました。
何が正しいかどんな矛盾があるのか
じっと見て聞いて
指摘してくれる子でした。

生意気と感じることはなく
私はいつも「なるほどな~」と
感心していました。

子どもに教えられることが多いということは
私も夫もまだまだ
半人前なのだと思います(∩。∩;)ゞ

鍵コメありがとうございました

No title

息子さんに拍手喝さいだな^^
デコもそう思う事多々

悩んでる暇がないからなぁ

うんうん頷ける

色々考えすぎることが出来るのは
ある意味気持ちに余裕があるようにも感じる

そんな時間があるのなら。。。

デコさんへ

こんにちは。

心の病を持つ人と
そうではない人には
感じ方に距離があるなって
いつも思っています。

息子の言葉に
私も大きく頷いたのですが
夫に言わせると
余裕があるから悩んだのでは無いと
言います。

ふと考えると
それもそうなのですよね(^_^;)

もともと、暇が好きだったわけでは無く
やはり‥これも病気なのだと
思ったりするのです。

息子の言葉に
なるほどと思う人は
心の病では無いことがわかります。

この差‥
なかなか埋まりません(⌒-⌒; )

コメントありがとうございました
プロフィール

iomama

Author:iomama
夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる