初めて心の病と言われた時

夫も私も狐につままれた気持ちでした
でも、もしかしたらそれは
私だけだったのかもしれませんが‥

夫の中では
解っていたことかもしれません

空は晴れているのに
いつまでも心は厚い雲に覆われている

何だろう?これって
自分はどうしてしまったのだろう‥
何をしても喜べない..
人と話すのがうっとうしい
もしかしたら‥

笑顔が絶えなかった夫が
笑わなくなって
お酒を飲まない夫が
朝から吐いている‥

私の料理が合わないのか?
いやいや、みんな同じもの食べてるし‥

ある日‥
「病院に行こうかな?」

初めて知った心療内科というところ..
一緒に行きました

想像していたところと違って
ゆったりとした待合室
自由に珈琲が飲めて
心に関する本ばかりが並んでいました

ここから始まった夫の病名は

『適応障害』

今年で20年‥
ずっとお付き合いしています

一番近くに居ながら
なかなか理解が出来なかった妻でした

ひどい時は
「何故、言われたことが出来ないの!」
「何故、普通に出来ないの!」
「何故、心の病になんてなったの!」
「今まで出来ていて何故今出来ないの!」

まだまだあります
まだまだ酷いことを言い続けてきました

私も疲れ果てるくらい
私自身壊れてしまうくらい‥

ある日、夫が一冊の冊子を
黙って私に手渡しました

産業医が管理者に配布した
『職場の人のウツを見逃さないために』

読みました
隅から隅まで読みました

そして私は泣きました

今まで私が叫んできた言葉は
最低だったと‥
一番言ってはいけない言葉だったと..

それから私は言わなくなりました

何でもかんでも
受け入れているわけではありませんが
言ってはいけない境界線を決めました

これ以上言ってはいけない言葉..
今はちゃんと解っています

夫を死に追いやるのは簡単なんです

ずっと言ってきた「大丈夫だよ」を
全て「頑張れ!」に変えるだけで
夫は多分自らの命を絶つでしょう

これを、逃げと解釈するのはやめてください
ここで夫に
「それでも生きて頑張れ!」は
トドメを刺すことと同じですから..

休職になってしまったのは
誰のせいでもありません

ただ、上司からの厳しい声が続いたとき
夫は崩れていきました

誰のことも責めない夫..
いつの間にかそうなった..
だけど、そうなりたかったわけじゃない

心の病は‥心の『病』なのです

誰も好き好んでなったわけではありません
それはどんな病気でも同じですが..

どんな病気でも..

体の病も心の病も病気なのですから..

夫は甘えてなどいないのです
甘えられたらどんなに楽だろう?

今、夫は私には甘えているのかもしれません
でも、世の中の旦那さんって
外では毅然としていても奥さんに甘えますよね

それと一緒の甘えです

唯一甘えられるのは私にだけですから..

理解してあげられなかったときは
そんな甘えさえ許さなかったかもしれません

辛かっただろうな?

傍にいる人は
この病を理解したときに
やっと楽になる気がします

適応障害は
治ったり治らなかったりではなく
調子が良かったり良くなかったりの繰り返しです

良い時を長く保てるよう
私はこれからも支えていきます

そうだね!と思ってくださった方のみ
ポチッとお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

iomamaさんへ

iomamaさんの苦しみ。
旦那さんの苦しみ。

私は両方理解できます。

こころの病は目には見えないから
大丈夫だろうと思うことでも
本当はとてもしんどくて
とてもつらかったりします。

理解してくれる人。
私にも必要です。

甘えられる人。
私にも必要です。

生きていくために必要なのです。

逃げたいからじゃない。
前を向いて歩いていきたいから
理解してくれる人が必要なのです。

それを理解されてるiomamaさんは
素敵だなって思います。
旦那さんが羨ましい。。

生きることに
疲れてしまう時があります。
それを甘えや逃げだと思う人も
中にはいると思います。

私の叔母もそのうちの1人です。

でも時には疲れてしまうこともある。
それをわかってくれる人。
それでも支えてくれる人がいれば
頑張れることもあると思うのです。

誰かのために生きる。

そんな理由でもいいから
私にも生きる気力が
戻ってくればいいなと思います。

今回のiomamaさんの記事。
私も考えさせられました。

ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ふ~~~む……o(;_;)o

よくぞ聞かせてくれました。
この、原点……そのときの想い、思い立ち返ることは、
ものすご~く大切だと思います。o(;_;)o

そらさんへ

こんばんは。

心の病の人は
誰よりもがむしゃらに頑張っていることを
私は分かっています。

夫も‥そらさんも
十分頑張っています。

何のための20年だったか‥
私は心を学ぶためにきた気がします。

神様が私に学ばせ
伝えていくために
心の病をしっかり伝えるために‥

特別な勉強より
確実に私の中に染み込む学びなのだと
思っています。

誰かに何かを言われるなら
それに答えられる自信があります。

経験は宝です。
難があるから有難い‥

弱くても決して後ろ向きではなく
誰の目にもわからなくても
しっかり前を向いていることを
知ってもらうために
何度でもここに書き込もうと思います。

そらさんのこと
いつも見ています。
これからもずっと見ています。

コメントありがとうございました

( •̀ᴗ•́ )و ̑̑

No title

iomamaさん、こんばんわ。
ご主人は優しい人ですね。
どんなに強い人でも心の病は起きてしまうことがあります。
仰る通りに「頑張れ」は禁句になってしまいますね。
iomamaさんも本当に優しい人ですね。
多くの人は相方がウツになれば、不満を撒き散らしてしまうと思います。
それを制してご主人のために寄り添うことを覚悟なさったわけですから。
言葉でいうほど簡単なことではないですよね。
まだ、もう少し見守り続けなければならないでしょうけど、うまく言えなくてもご主人もたくさん感謝しているはずですよ!(^_^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

風子さんへ

コメント遅くなってごめんなさい。

あの時の気持ちから
随分と変わりました。

こうして思い立ち返ることで
忘れていた大切なことを
もう一度思い出すことが出来ます。

自分の心を整理するために
立ち上げたブログです。
記録も大事な私の役目‥

また、今日のブログも
大切な記録になるのだと思います。

コメントありがとうございました

鍵コメさんへ

コメント遅くなってごめんなさい

辛いことはたくさんありましたが
楽しいこともたくさんありました。

いろいろあるけれど
ちゃんと生きています。

コメントありがとうございました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

野付ウシさんへ

コメント遅くなってごめんなさい

夫は優しい人ではありますが
元々弱い人ではありませんでした。

何がこうなったか
教えて欲しいくらいでした。

心の病は不真面目でなるものでも
弱さでもないのですが
そう決めつける人はまだまだ
いらっしゃいます。

夫の上司の
「やれば出来るはずだ!」
「みんなやってるんだからお前にも出来るはずだ!」

毎日そう言われて崩れていきました。

言ってはいけない言葉を
無視して言われ続けた結果でした。

夫婦ですから守のは私の役目です。
病気ですから
傍にいるのは普通のことです。

もう少し‥もう少しと思って
また先へ進んで行こうと思います。

コメント有り難かったです。

鍵コメさんへ

こんばんは。

私の記事を読んでくださったのですね。
ありがとうございます。

その優しさに救われました。

頑張れるか頑張れないかは
人が安易に
決めることではないと思います。

心の病は簡単ではありません。
頑張れの言葉は
心を掻き毟られるようなものです。

コメントありがとうございました

鍵コメさんへ

こんばんは。

過ぎてしまえば
過去のこととして遠くに置いてくると
良いのかもしれません。

また新たなことは
その時にまた考えひとつひとつ
クリアしていくのが良いのだと思います。

深く考えず あまり悩まずの私ですが
思い出せば大変だったのかなぁと
思ったりしますね。

まだ進行形ですが(^◇^;)

コメントありがとうございました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

iomamaさん、こんばんは。

20年ですか。長いですね。

ご主人が適応障害と診断された時、なんのことだか
さっぱりわからなかっただろうと思います。
「理解せずにヒドイとを言ってしまった」
これは当たり前のことです。いきなり普通の方が
精神疾患のことを理解できるわけがありません。

でも、時というのが解決してくれたのだと思います。
私事で恐縮ですが、私は結婚した後30歳でうつ病
になりました。そして、2年後に離婚しました。
仕方がなかったと思っています。通常の女性では
付き合い切れないと思うからです。

iomamaさんはご主人の病気を理解しようと努力
してきたと思います。お辛いこともあったでしょう。
「先のことを考えてはいけない。懸命に今を進んで
いれば意外に遠くに来ているものである」
ご主人が社会人として勤めなければいけないのも、
もうそれ程ではないです。
あともうちょっと。良い時が長く続くよう支えて
いって下さい。

鍵コメさんへ

おはようございます😃

✨(・`🐽´・)ゝピカピカ!
ありがとうございます♬

私たちはズンドコ夫妻ですが
ズンズンとドコまでも
支え合って行きます!

コメントありがとうございました!

うめぞーさんへ

おはようございます。

最初は薬を飲めば
直ぐに治ると思っていました。
翌年転勤になり
大変な部署から離れることが出来ました。

もうこれで大丈夫と思っていましたが
心の病は息を潜めていただけでした。

うめぞーさんは
30歳のときになってしまわれたのですね。
心の病で離婚は多いと聞いていますが
一番支えが必要だったと思います。

よく頑張りました!
そして今は奥様と一緒‥
良かったですね。

もう心の病は懲り懲りです。
とは言っても離れてくれないうちは
見守りながら声掛けしながら
支えていこうと思います。

頑張り過ぎず前へ‥

私は頑張ります!(・`◡︎´・)ゝ

コメントありがとうございました

昨日はコメントありがとうございました。
成るように成るですね。
妻は異動になったとしても誰もおかしいとは思わないよと言ってくれました。
妻は最初、最後まで頑張れると言ってくれていましたが、最後は私の家族に病院に連れていかれ、そのまま最初の2週間は実家で静養となりました。それに関してはその後も何も言いません。
妻の元に帰ってから、最初は確かに強い言葉もあったけれど、いつのまにか頑張れという言葉はなくなり、無理なら休めばいいよと言ってくれ助けてくれました。
この1年、乗り越えてきたのは自分だけではなかったですね。
今日、どんな結果が出ようとまずは妻に報告します。

○○さんへ

おはようございます。

心の辛さと
それを支える周りの辛さは
とてもよくわかります。
そして奥様の気持ちは痛いほどわかります。

ずっと心配が続くことで
支える側も心の病に自分も
なってしまったと思うほどなのです。

それでもそっぽを向かない‥
なかなか根気がいることではあるのです。

異動は午後からですか?

私も、ドキドキしながら連絡を待っていたものです。
内命がありましたし
内々命もありましたけど
ドキドキは止まらなかったです。

成るように成る。
常にそう思うことをお勧めします。

良い日でありますように!

色々とありましたね

おはようございます。

初めは何も判らないから仕方がないですよ。
今はきっと旦那さんを守ってくれているんですよね。

旦那さん、iomamaさんも辛かったですよね。
今はお互い理解しあって生きている事が大切ですね。

ポチ☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kaionさんへ

こんにちは。

夫の病を受け止め切れず
随分悩みました。

でも、受け止めてしまうほうが
ずっと楽だと思いました。

今はお互いの信頼は厚く
病に大切なものを流されないよう
前を向いております。

コメントとポチッを
ありがとうございました!

鍵コメさんへ

こんにちは。初めまして。
鍵コメありがとうございました。

心の病は誰にでもなる可能性があります。
まさかの坂を転げるのを止められず
心も体も辛くて痛くなるのです。

同じ経験ですね。

ウツの家族がいたら
同じ数だけ支える人がいます。

もしも自分なら..
支えて欲しいはず。

だから支えるは大切なことなのだと
勝手な考えから気付いてみたりしてね。

コメントありがとうございました。

No title

こんにちは、iomamaさん。

読んでいて涙がポロポロ流れました。

私も最初は「なんで?」から始まりました。
なんで今まで出来たことが出来ないのか。
ずっと一人で考えていました。
理由が分からないからなおさらです。
月日がたつにつれ「なんで?」が増えて行くのです。

今まで出来たことが、突然できなくなる。
自分の中でも整理できなくて。
誰かに話しても甘えているだけだと言われて。
頑張れば出来る。そう言われて。。。

悔しくて、情けなくて、毎日泣いてばかりいました。

ウチの旦那に最初に打ち明けた時、やはり理解してもらえませんでした。

今では、一番の理解者です。
先日も色々と不安に思っていることを話していると
「もっと自信を持って良いんだよ」と言ってくれました。

それだけで、心がホッと出来ました。

私は、一人で外出することが出来ません。
普段は、旦那と一緒です。
でも、どーしてもって時は一人でお守りの飴ちゃんを舐めながら外出します。

最近の私は、手足の冷え・全身の震え・血の気の引く感じ、吐き気が同時に襲ってきます。

発作が出ない時もあって喜んでいると、大量の汗と手足の冷えと震えだけは起こります。
油断は禁物です。

いつも頭の片隅に発作のことがあり、
一人の時は時間に余裕を持って行動しています。

mikan-tiiさんへ

こんにちは。

重なる部分が多かったのですね。
辛いのに、どうしても伝わらなくて苦しかったですね。

心の病もレントゲンに映ってくれたら..
夫はいつもそう言っていました。

なので、後頭部にぽっかり円形脱毛が出来たとき
喜んでいたのです。

「パパの辛さが頭に出てくれた!」って..

見える病と見えない病はどちらも『病』です。
健常者と一緒にされては困りますね。

mikan-tiiさんもひとりでは出掛けられないのですね。

夫も昨年の春。
丁度今頃でしたが、ひとりでは出掛けられませんでした。

汗がびっしょりなのに
手足が冷たくて、心臓がバクバクで
歩くのもままならず..
私が一緒に心療内科に通いました。

体は不思議なものです。

見えないからこそ
大事にしなくてはなりません。

夫は理解してもらえるだけでも全然違うといいます。
ペースは夫に合わせ
家の中ではなるべく笑うようにしています。

mikan-tiiさんも
急がずゆっくり、今の体と心に合わせ
自分が一番楽な気持ちで過ごしてくださいね。

コメントありがとうございました。
プロフィール

iomama

Author:iomama
夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる