適応障害になった原因

夫が適応障害になったのは20年前

我慢したことでそうなったのなら
原因はちゃんと分かっている

仕事の内容であり
職場での上司との関係でもあった

夫の場合焦りもあり
時が止まったようにも感じたはず..
最後は何も言えなくなり
倒れてしまった

夫は冷たく硬い何かに挟まり
身動きが取れない自分に
自信を失ってしまったのだと思う

これはあくまでも
夫からあれこれ聞きだして
私がそこから想像したことなのですが..

一度良くなっても
また心が辛くなるのは
強く残された嫌な記憶に
怯えるからなのかな?

「なんとかなる」という言葉を
なかなか受け入れられない夫..

夫に聞いてみると
「なんとかなる」の意味を
とても狭く解釈していました

なんとかなる...
今のことはなんとかならなくても
誰かが何とかするものなんです
なので何れは
なんとかなるのです

目の前のことを
自分がどうにかしなくては
いけないと強く思うのではなく

出来ないのなら
「スイマセン!出来ません!」と言おう!

それを言ったから
人生が終わるわけでは無いこと
「なんとかなる!」はみんなで何とかするのです

それが言えないという夫..
言うくらいなら頑張ると..

言えなかったから
自分を追い込んでしまった
その結果休職することになった

一歩前‥二歩前
倒れる前に言えるようにならないと‥

でも、言えない

そこが真面目過ぎるというか
融通が利かないというか‥

適応障害の人はみんなそうだとは言いません
他の人のことは知りません

夫のことですから‥

心の中に洞穴があるみたいで
笑っているかと思えば
ふと心配が過り..次の瞬間
ヒュ~~っと吸い込まれていくのです

おいおい!どうした!
と手を握るわたし‥

常に横にいても
こればかりは
口で言ってもなかなか助けられません

夫なりに頑張って来たから
今があるのかもしれない
どこかでわたしもそう感じてはいます

さて、最近元気な夫ですが
吸い込まれる穴を前もってふさぐ方法を
妻は考えているのです

( ̄ω ̄;)エートォ...
ふたふた..せんせん
つっぺ?
ウレシイこと?夢中になれること?
これがあればあとは何もいらないという
私で言えば白いご飯の上にタラコとか..

ただ今考え中!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

iomama

Author:iomama
北海道札幌市在住

夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる