人の最期は‥

私たちの最期は
何処でどんな風なんだろうね?
と、夫と話すことがあります

一見後ろ向きな話のようですが
いえいえ
誰にでも必ず訪れるこれからの話で
ちゃんと前を向いています

私の姉が亡くなってから
三年と3ヶ月が経とうとしています

あのときの私は
悲しくて苦しくて毎日泣いてばかりいました
どうしてこんなに早く逝かなくては
ならなかったのか‥
私にやれることがまだまだ
あったのではないのか‥

姉の写真に毎日話し掛け
会いたいと言い続けていました
姉の家族が心配するほど
私の落ち込みは
見ていられないほどだったと言われました

亡くなってしまった姉がいて
残された人たちがいる‥
どんなに悲しくてもそれを乗り越えて
生きなくてはなりませんでした

そんな中‥
ぽつりと言った姉の夫の言葉‥

見送ってくれる人がいるって
しあわせだよね‥
僕は◯◯に見送って貰えるものだと
思っていたからね‥

考えたら羨ましいよ
こんなに悲しんで貰えて
こんなに泣いて貰えて‥
僕のときは誰もこんなに泣いてはくれないよ

そして‥
「先に行く方が勝ちだね」って
悲しみを打ち消すように
言っていたことが思い出されます

夫は私に見送って欲しいと言う
でも、こればかりはね^^;

定期検診をしても
人間ドックを受けても
病気が潜んでいたとしても
見つけられないことがあります

何と無く自分で体の変化を感じていても
怖くて検査をしない人もいます

私もそのひとりです(^^;;

今日で最期だと思って
一日一日を大切に生きていこうと思います

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

iomama

Author:iomama
夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる