夫がひとつのことに‥

集中出来るなんて
何年振りなのだろう?

五月上旬に環境が変わり
そこに慣れるまで
少し時間は必要だったけど

今は落ち着いて
仕事は仕事
休日は休日らしく

本来、こうじゃなくては
心は疲れるはずだものね

次の異動で、人は必ず変わるから
その前にしっかりと今に慣れ
動じない心を育てて欲しい

今年、54歳
体はもう育たないけど
心は育てることが
出来るはずだから‥

夫が安定していると
私もやりたいことが
出来るというものです

と、言いながら‥
やりたいこと?久しぶりだから何しよう?
ってところから始まりそう(^◇^;)

適応障害
何かによって心を持っていかれる
もう、持っていかれないように
なればいいな!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

夫婦だけで温泉に..

泊まるなんて
初めてのことかもしれない
だからふたりだけの函館も初めてのこと..

息子が2歳の頃に
夫は温泉に目覚め
それから何処へでも
息子を連れて行ってたからね

そして息子とふたり旅は
3歳から始まった
ママが一緒では
いつもママに抱かさっているから
パパだけが頼られるようにって
そんな理由で始まった『父と子の旅』

私は、仕事しながらの子育てだったので
息抜きの時間を夫は
与えてくれていたのだと思う

そんな3歳の息子が
初めて飛行機に乗ったのは
札幌発→函館行き

そんな思い出もココにはありました

そして夫も高校は函館..
親と離れ三年間暮らしていました

懐かしの街 思い出の街..
何度来ても
入るお店も行く場所も同じだけれど
夫は新しいものが見たいわけでも
珍しいものが食べたいわけでもない

ただ..あの頃に戻って
懐かしみたいのだと思う

今年で永年勤続30年を
無事に迎えた記念品のひとつに
湯の川温泉2万円券が入っていました

せっかくだから使わねば...

この日
息子も東京に出張だったので
函館に来ていることと
お土産を買うことをLINEで告げ
心置きなく遊ぶことが出来ました

ポチッとお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

ホックがとんだ

ボン!といってとんだ!
私のスカートのホックが(^◇^;)

食いしん坊は
満腹に気付くのが
多少遅いのかもしれない( ̄▽ ̄;)

ちょっとキツイかも‥
と思った時にはかなり遅い‥

久しぶりに温泉で
夕食後に体重を計った

(☉︎౪ ⊙︎)‥‥‥はっ?ウソでしょ?
残念なことに
ウソではなかった‥

息子がお腹の中にいた時の体重と
ほぼ一緒‥(^^;;
今は何が入っているのだろう?

そんなショックを受けたにも関わらず
その後夜食を食べに
夫と夜を彷徨った‥

そして
ホックがとんだのでした

夜道でホックは探せない‥

ホックはとんだけど
ラーメンは美味しかった!

食べ過ぎたけど
後悔はしていない

食べなかったことより
食べた方が思い出にもなった

翌日はラッキーピエロで
一番人気のソフト
キャラメルナッツシルクを食べ

カリフォルニアベィビーで
シスコライスを食べた

朝食でご飯をおかわりしたのに
どんな胃袋をしているのか‥

ホックが外れたままだから
いつもより食べられた

ん?‥てことは
私のスカートのホックが
もしもゴムだったら‥

( ≧︎🐽≦︎)੭ु⁾⁾ヤダヤダ‥
大食い選手権に出たくなっちゃう!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

明日からわたくし
ダイエットを計画しています

まだ計画ですけど‥

何処かへ行きたくて

今、函館に来ています

天気予報を見ると函館方面は
明日も晴れるらしいから‥

ホテルに予約の電話をすると
一部屋だけキャンセルがあったとか‥

ラッキーとして
夫とふたりで迷わずJRに乗りました

熱めの温泉に浸かり
気持ちが少しホットに‥

小林麻央さんのことは
JRの中で知りました

心よりご冥福をお祈りいたします

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

親の役目

『親』という漢字を
先生に教わった時のことを覚えています

『木の上に立って見ると親がいた..』

私は子が親を見て喜ぶ姿を想像しましたが
『親が木の上に立ち子を見つける』と
教えていた先生もいらしたようです

覚えられるなら
どちらでも良いのでしょうね

ですが漢字の一文字一文字には
意味があります

落款を彫っていた頃
甲骨文字が面白くて
毎日篆刻辞書を開き
文字探しをしていました

でも、『親』の文字は
甲骨にはありませんでした

そして『親』という文字は金文体にあり
それには『木』の上に『立』つの文字ではなく
『見』るの左側は『辛(シン)』なのでした

親は辛抱して見るのでしょうか?
きっと意味は違うのでしょうね^^;

親の役目・・・

養うは当たり前ですが
ひとりで生きていけるようにするのが目標で
親と子は喜怒哀楽も一緒に分かち合うこと..

あとは見守るでいいような気がします
いつも何処に居ても
見守り続けるのがいいような気がします

幾つになっても親は親です
幾つになっても子は子です

困ったときに手を貸せる親であれば
困ったときに手を貸してくれる子に
なってくれる気がします

ガミガミとうるさい親は
いつかガミガミとうるさく
子に言われるような気がします

職場に5歳と1歳の男の子のお父さんがいて
お兄ちゃんが言うことを聞かなかったり
悪いことをしたときには
グーで頭を小突くと聞きました

私はそれを聞いて言いました

あなたが高齢になり
もしかして認知症になったとき
きっと息子さんに
グーで小突かれるでしょうね..
子は親を見て育ちますから..

子は親の冷たい目も
小突かれた痛みも
ずっと覚えています

自分が育ったように子どもを育てる
またその子もいつか親になり
同じように子を育てる

そこに痛みなどあってはならない
せっかく言葉があるのですからね

そのお父さん
それから小突くのを止めたそうです^^;

それを聞いたとき
私はとても嬉しくなりました!

ーーーーーー🍀ーーーーーー

※暗闇での更新を止めにしました
目から入る光で
シミにはなりたくないので(^▽^;)

一日に何度か
時間を見つけながら下書きをして
これでいいかな?と思ったら
予約投稿でアップすることにしました

夜中は寝ることにしますヾ(´ε`*)ゝ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

暗闇でスマホ

それだけで日焼けするらしいです

ってことは
シミ対策しないとダメなのかな?

暗い寝室のベッドの上で
日焼け止めを塗る‥

やらないやらない(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

でもわたし
更新は大抵
そんな暗闇の寝室で
行なっています(^_^;)

じゃないと
更新がなかなか出来ないのです

夫が寝静まった暗闇で‥
半分お布団に潜りながら
目を凝らして音も立てず‥

なので‥
誤字脱字
下手くそ文章を
どうかお許しください

あっ、遅い時間のコメントも
お布団に潜ってなので
お名前の間違いがありましたら
失礼なこったです(^_^;)

スンマセン

潜りのiomamaより

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

適応障害でも

医療保険に入ることが
出来ました

二ヶ月前‥
とある保険会社からは

【審査の結果
今回は見送らせていただきます】

そう郵便でお知らせが届き
夫はがっかり‥

生命保険ならまだしも
医療保険にも入り難いとは
思ってもみませんでした

そこで先日
ほけんの窓口を利用したところ
適応障害でも入れる保険会社が
三社見つかりました

一応審査はありましたが
無事に保険証券が
手元に届きました

夫は病気になる前から
終身の生命保険には
入っていました
もしも今回
生命保険だったら
適応障害は
加入出来ないのかもしれません

今月、夫の医療保険の
二つのうちひとつが
満期を迎えてしまいます

これからもしも
病気やケガで入院した場合
ひとつでは
足りないことがわかりました

子どもの頃から
喘息で身体が弱かった夫です
大人になり
お酒を飲まないのに
肝臓の数値で
何度も再検査を受けていました

夫の父親も
お酒を飲まないのに
肝臓の手術を受けています
これって遺伝なのでしょうか?

保険に入れると不思議と
ほっとします(⌒-⌒)

そう言えば昔
こう言われました

貧乏人ほど
保険に入りたがる‥

そうですね!
お金があれば
保険に入らなくても
賄えますものね

でも、保険って
損をすることが多いのです

その分を貯金に回していたら
もしかしたら
お金持ちだったかもしれません(^_^;)

それを考えたら
損した気分になるので

保険は
病気にならないための
『おまじない』と
考えるようにしています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

登山へ

土曜日
家を出るまでの空は
light grayだったのに
家を出ると
パーッと晴れ間が広がり

快晴に!

てるてる坊主を
ありがとうです👄
スゴイ効きめ!

家族3人で登山なんて
初めてのこと!
息子は9歳から
夫と登っていたけれど
その頃の私は登山など
したことがなかったから‥

家族で登れるなんて
あまりに嬉しくて
私は
忘れ物をしてしまいました(^_^;)

それは‥登山靴(^◇^;)

夫が山の麓で
車の後ろを開けた時
「あれ?靴!」

私‥「あっ!靴箱の中だ!」

そこで夫は
1オクターブ高い声で
「なーにー?」

そしてわたし‥
「やっちまったな!」
男は黙って山に登る
男は黙って山に登る

ココでダハハァと笑いました
( ´ ▽ ` )(*´🐽`*)(⌒▽⌒)

※クールポコを知らない人は
笑えないかな?^^;

はい!三人揃ってスニーカーで
登りました!

スニーカーやスポーツシューズで
登っている人もいる山でしたから
問題ないさ!

わたし、やっぱり
体力は無いほうかもしれません
自分では頑張って
登っているつもりでも
たくさんの人に抜かされました

息子はお陰でゆっくり登れたと
言ってくれましたが‥(⌒-⌒; )

フラフラになりながら
やっと頂上へ

頂上には神社があり
お賽銭をチャリン!
手を合わせ
アレとコレをお願いしてきました!

3人で一緒が嬉しくて楽しくてね
私の作ったおにぎりも
美味しいと言ってもらえて
山のてっぺんで
たくさん笑いました

夫も笑ったから
心も少しは元気になったかな?

息子が
また登ろう!って言ってた
誘ってくれたら
なるべく行きたい!って‥
次はどの山に行く?って‥

もう二度と登らないって
言っていた私が
それを聞いて
また登る気満々になりました

でも、今朝から私の足は
ロボットです

イデデ( ;´Д`)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

晴れたらいいな!

いろんなことが晴れたらいいな!

それぞれの悩み
解決出来たらいいなって思う..

誰のことってわけじゃないけど
昨日はある方と
片づけの話になって

どうしても捨てられない子どものモノ
もう絶対に着ないし使わないのに
どうしても捨てたくないって..

娘さんは現在高校三年生

どうしても捨てたくないモノは
まだ捨てちゃだめだよと私..

捨てたくないのに
無理してそこから無くしてしまうと
きっといつまでも後悔する

捨ててもいいなか?と思えるまで
自分の心が動いたら
その時は捨てるチャンスと思えばいいよ

思い出のもので
今の自分がしあわせなら
それは手元にあって良いと思うわ

ただ、それはまとめて箱に入れ
ちゃんと蓋をして日付と中身を書いて
見えない押入れの奥に置くことを勧めます

心からいつか離そうとしているのなら
そうしないといつまでも手放せないからね

私は片づけの勉強をして
納得して捨てられたから
後悔はしていない

高齢者もね
実家の片づけで
無理して大切な思い出を
勝手に子どもたちが捨てたり
本人に捨てさせてしまったりすると
ウツになり
そこから認知症になりやすいらしい

終活に断捨離は必要なことだけど
心にぽっかり穴を開けることは
しない方がいい

そこに埋めるものを見つけながら
小さくしていくのがいいのよ

もうモノを買うことが
段々無くなる高齢者にとって
身の回りのモノは特に大切だから..

使う使わないの問題じゃなく
心の支えだから..

そう言いながらも
私は実家の整理を段階を踏んでですが
してきました

先日は最後の父の思い出を
箱ごと母は私に託しました

中身はネクタイ..

30本ほど入っていました
私がプレゼントしてものも多く
懐かしかったし
その時の父の笑顔も浮かびました

思い出って
こうして懐かしみ
心に潤いも与えます

母から託されたネクタイは
並べて画像だけを残し
間もなく処分することになります

晴れたらいいな!
土曜日晴れたらいいな!

息子が一緒に登山に行くと言いました
だから晴れて欲しいです

この新たな思い出は
きっと、夫と私の心の潤いに
いつかなるって思います

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

月日が流れ

時が経ち
私たち家族の姿も
大きく変わりました

息子が私の膝に座り
頬を寄せて微笑む一枚の写真が
夫のお財布の中に
忍ばせてありました

多分息子は5-6歳かな?
だとしたら約20年前の写真です

息子はまだあどけない表情で
私も疲れた顔などしていなくて
幸せな親子そのものでした

だからと言って
今が幸せでは無いわけでは
ありません

それなりに‥
それなりにです(^◇^;)

ただ、その写真を見て
随分と私は
年を取ってしまったなと
思っただけなのですが‥

一日一日は変わらないのに
こうして比べてみると

ちょっと
ショックを受けたりして‥(汗)

何がどう変わったのか
まじまじ鏡を見てみると
たるみだと思いました

ちょこっと頬をあげれば
5さいは若くなり
ほんの少し
目尻を引き上げれば
更に5歳は若くなる‥

そっか!
こうして整形へと導くんだなぁ?

先日、息子に聞いて見た
「もしもつけまつげをつけたらどうする?」

息子は一言

「むしり取ってやる」

(≧︎皿≦︎)爆笑!

これで整形なんて言ったら
絶交されることまちがいなし!

さて、今夜も
口角を上げて寝ることにするかな?
私に出来ることはこれくらいです

( ◠‿◠ )おやすみなさーい

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

プロフィール

iomama

Author:iomama
北海道札幌市在住

夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる