心配で心配で心配で

どうしようもない朝でした

夫の眉間に珍しくシワ(ーハー;)
真剣に考えている様子‥

そんな時は必ず声を掛けます

「何か心配事でもあるの?」

困った‥どうすればいいんだ?

聞いてみると
来月建物と人がかわることで
今の仕事のシステムも変わり
そのことで
大変なことに気付いてしまったと‥

詳しい内容は聞かなかったけれど
夫が仕事を失敗したわけではなく
どうしても話し合って決めなくては
新しいシステムに不具合が生じるらしい

だとしたらそれを上司に話すべき!

そういうと
今の上司は夫の仕事にタッチ
していないし、今回の異動で
上司が変わってしまうから
言っても仕方がないし‥

そこで私からひと言!

「仕事にタッチしているかしていないかなど
関係はなく、今現在のパパの上司であることには
変わりはないのだから、それは言うべき!」

その後の判断はパパがするのではなく
その上司がするのだから!

何を勘違いしているの!
何もかも背負うから
いつまでも良くならないってわかるよね!

夫への喝!は時に必要で
ハッとさせることで(☉︎౪ ⊙︎)
深く入り込むウツ状態から
引き上げることにもなっていると思う‥

こんな日がまだまだ続くのかな?

心の病との闘いは
なかなか終わらない(´っω・`。)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

iomama

Author:iomama
夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる