時に優しく 時に厳しく

私は夫の母親ではありませんが
無意識に 母親のような
言い方をしてしまうことがあります

何をそんなことで悩んでいるの!
まだ、何も言われていないのに
「言われたらどうしよう」って..
どれだけ後ろ向きに考えれば気がすむの!


とか...

ほれ、早く着替えちゃいなさい!
ココに靴下脱ぎ捨てないで!


とかね..

職場での悩みなど..夫の言うことを
黙って聞いてあげることもありますが

受け入れてばかりいると
悲しみ..苦しみ..悔しさが
エスカレートしていくのです

聞けば聞くほど 私が頷けば頷くほど
夫は、自分の考え方が正しいと思ってしまうから
そこは..「違うよ!」って答えるようにしています

夫は時々
周りの人の目のことを私に話します

「パパのこと..どう思っているのだろう?」

私・・「どう思われていたいの?」

夫・・「  うん・・・・」

私・・「良く思われていたの?」

夫・・「  いや・・・」

私・・「どう思われていたって
 悪いことしている訳じゃないんだから
 気にする必要なんてないでしょ!」

今は、やり手のバリバリ男じゃないんだし
パパは病気になってしまったのだから
今の自分を受け入れないと!

世の中には、子ども同士だけじゃなく
大人の中にも、高齢者が集まるところにも
嫌なことを言う人は残念ながらいるからね

その雰囲気に後ずさりするのではなく
堂々とするって大事だと思うよ

人の様子を伺わない!
こそこそ話しに耳を立てない!
勝手に想像して落ち込まない!

夫は被害者意識が強くあります
相手が嫌なことを言ってなくても
言われたように捉えることもあるようです

誰から何を言われても
その人はその人であって
自分では無いのだから
もしも嫌なこと言うな~と思ったら
自分が嫌な人にならなければ良いことであって

それもひとつの勉強であると
解釈するようにしないとね

人の振り見て我が振り直せ!

なかなか慎ましやかな妻にはなれません
こうなったら強い母親になってやる!

時に厳しく いつも厳しく たまに優しく

(▼皿▼メ)ノ 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

拘りを持つ 拘りを捨てる

持つのは 拘った方が良いと思えること
捨てるのは 拘らない方が良いと思えること..

人それぞれ 拘りは違っていて
置かれた状況によって
目的によって
自分自身もその都度変わっていくけれど

自分が疲れてしまわないことが一番かな?

小さなことから 大きなことまで
拘りはあって

「えっ?そこ、拘るの?」
と誰かに言われるようなことでも

「うん。拘るよ」
って真面目に答えるわたし..

それは誰かに
「違うよ!」と言われるものではなく
自分がそうしたいのだから
そうするだけなのですが..

最初に言えば良かったのですが
今日の話は
為に成る話ではありません^^;

な~んだ、そんな話?っていうお話です

■身の回りの拘り

我が家の家具は殆ど私の手作りです

板もネジも曲がっているから
家具とは言えるものではないかもしれないけど
私にとっての家具は

自分がひとりで担げる重さ..

世界にふたつと無い面白さ

いつか..私か夫が
どちらかひとりになったとき
ひとりで担げるってことが大事になってくる

誰かを頼まなければ
動かせないのではなく

さて、模様替えでもしようかな?
っていうとき
翌日には新たな気持ちで生活が出来ること..

自分で作るのは
そこに合った大きさに出来るからで
幅、奥行き、高さ、色合いなど

この2つが私の拘る理由

結婚したときに揃えた家具を
捨てるとき
友人たちは「勿体無い!」と言ったけれど

高価だったとか まだ使えるからとか
その部分は
ひとりで担げることから比べると
破棄に値するものでした

捨てるときは
感謝を込めました
ありがとう!と言いました

モノに縛られない暮らしが好きなのです

さて、土曜出勤の夫から帰ると
LINEしてきました

ほいじゃ、夕飯の支度を!
冷蔵庫の・・・残り物に福あり!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

目は全てを語る

平日、夫が起きてきたとき
平日、夫が帰宅したとき
休日前日の夜
休日の昼間
休日が終わる夜

どれも目が違う

私は、夫の目を見ただけで
その時の心の状態がわかる

目に力が無いときは
仕事に行くのが嫌なとき

目に力が入り
一点をみつめているときは
ココに心が無いとき

目に力が入り
動きがあるときは
とても心配なことがあるとき

目が泳ぎ
手が動きだすと
強迫性障害が出たとき

目が死んでいるときは
心が限界なとき..

何の心配もなく穏やかなときの
夫の目はとても優しい..

心配が伴う眼差しのときは
出来るだけ私は声を掛けるようにしている

途中途中でリラックスさせなければ
何かに吸い込まれてしまいそうで..

心の病の人は常に疲れている

緊張で全身に力が入ってしまう
目の前に居ない人にまで気を使い
まだ起っていないコトまで心配をするから
体よりも心が過労となる

家に居ながら働いている感覚
ココで考えていても残業代貰えないよ!

こんなに悩んでいても
誰も気付いてくれないよ

ココで心配していても
なんの解決にもならないよ

そんな声掛けをしている

そして..これからも
リセットさせるつもりで声を掛けていく

夫が最近言うのです

何かあったら困るから
ママの今までの大切と思う言葉を
書き残しておいて!

夫は私の命が
突然パタッと逝ってしまうことを
心配しているらしい
ついでに認知症も心配らしい 

(´∀`*;)ゞこれは私も心配..

夫に、自分で大切と思ったのなら
自分のことなのだから
それくらい自分で書き留めて!と伝えました

何でもかんでもママ..ママ..って
あたしゃ、あんたのママじゃない!

o(o・`з・´o)ノバンバン

   ↑ココ..笑って!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

ずっと一緒って叶わない

夫婦・・・
歳が増えると話す内容も変わってくる

子どもが生まれるまでは
ふたりの時間だった..

共働きだったからか
夫が何も言わないからか
独身の頃と差ほど変わらず
私にも自由が多かった

夫は、家事のことにも
私のことにも
何の口出しもしない人だった

ん?私に興味が無いのか?
と、ふと思うこともあった

2年間..ふたりの時間を過ごし
その後息子が生まれた

夫婦の話から
子ども中心の話へ...

10ヶ月の産休をもらい
仕事に戻った私は
それまでの時間は全て子どもに..

その時間...
自由だった時間とは
比べ物にならないくらい
それはそれは楽しい時間となった

子どもの寝顔を見ているだけで
しあわせ気分..
夜鳴きもしたけど
夫がどんな音にも目覚めない人だったから
それも助かった

我が家から徒歩5分のところに
100名程の子ども達が過ごす
保育園があった

わが子もそこに
0歳からお世話になりました

きっと、あの頃は
とても忙しかったのだと思う

だけど大変だったという
記憶が無い
楽しかったという
思い出ばかり残っている

でも・・・

子どもが保育園の年長さんの頃から
夫は心の病に..

私、支えるのが辛かったんだと思う
だから別れようと思ったこともあった

でも、別れようと思うと
夢の中で大泣きする私が居るのです
この夢、何度も何度も見ました

別れて去っていく夫の姿を
泣きながら追う自分を見ていました

目が覚めると
本当に涙が流れていました

あの夢は..支える辛さより
別れる辛さの方がずっと大きいことを
教えてくれた気がしました

今、私の中で
その頃の辛かった記憶が
そうでもなかったりする

記憶ってどういう仕組みなんだろう?
特に私の記憶。
辛い部分だけ
消えるように出来ているのだろうか?

今、どちらかの心の病で
別れを意識している人がいるのでしょう
もう別れてしまった人もいるのでしょう

ですが、心の病を理解出来ないまま
別れた方がしあわせなのでしょうか?
私は、その方向に行かなくて
良かったと思っています

人はいつかこの世から去っていきます
どういう去り方かはわかりませんが
その時に、私は
傍に誰か居て欲しいと思っています

それは、誰でも良いわけではありません

夫婦であれば
先に逝く方は残された方に看取られ
残された方が逝くときは他の誰かに.....

私たちはせめて...息子に
そう思っています

ずっと一緒って叶わない

親とも、子どもとも、姉妹とも、友人とも
別れる日が必ず来るのですから
生きている間は
身内であっても他人であっても
人を大切にしなければ後悔しそうなのです

昨年の11月に
友人が亡くなったことを知らずにいました

彼女が独身で、お母様が認知症で
ご姉妹らしき方から送られてきた
暮れの喪中ハガキで
私たちは知ることになりました

もう一度6人で食事会をしたいという願いは
叶いませんでした

先週、私たちなりの送り方をしてきました
居酒屋のテーブルに
小さいけれど彼女のスペースを設け
いつもの乾杯ではなく
泣きながらみんなで言った「献杯」

この日きっと彼女は
私たちのところへ
来てくれていたと思います

■画像削除


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

早く60歳になりたい!

これは現在53歳の夫の願いです

------------------------

ココで心の病の方に申し上げます

これから書く内容は夫と私の会話です
他の方に、そうして!と
言っているわけではありません
気になる方はどうか読まずにいてください

支える側もお叱りを受けると
けっこう凹むのです

   スンマセン  m(_ _)m

------------------------

つづき・・・

若くなりたいならまだしも
歳を多くして欲しいなんて、私からすると
何と勿体無いことを!と思うけれど

夫はその願いを
100万円で叶えて貰えるのなら
喜んで出す...と言うのです

それだけ今は辛いということ

あと7年
正確には約6年と8ヶ月..

私なら6年や7年
あっと言う間だと思うけれど
心の辛さを抱えている人には
相当長く感じるらしい

この病になった最初のときから
夫は定年で退職する人を羨ましく思っていた

パパは後30年近くも
仕事しなくてはいけない
そんなに出来ない!無理だよ!

出来れば、55歳で辞めたい!と
捨てられた犬のような目で
私をみつめてた.. (。´・(ェ)・)ママ  (゚△゚;ノ)ノ

でもあれから20年経ったよ

もう後半だよ
55歳で退職希望なら
あと1年8ヶ月だよ

だけど55歳で辞めてしまうと
年金が出るまで10年あるよ

10年、無収入でどうやって暮そうか?
今ある貯金は底を突くよね
退職金もきっとその前に無くなってしまうよね

そうなった時
また別の意味で頭を抱えない?

そのときに
あ~もう少し頑張れば良かったって思わない?

今は今日..明日..数日後のことで悩んでいるけど
早期退職をしてしまうと
過去のことを悔やみ
そこからの生活に
悩んでしまうことにならない?

過去はどうしても変えられないよ
戻れないよ
そこから頑張ろうとしても
頑張るものが無いよ

と言うと

夫は「だってパパは適応障害だもの」

w( ̄o ̄)w 
それはよーく存じております

この会話、夫婦で何度も何度もしてきました
何度もしながらココまできました

これからも何度もそう言いながら
どうにか夫には定年退職として
職務を全うさせてあげたいのです

ちなみに聞いてみた

一気に60歳になることを
もしもお金で叶えられるとして
それが1,000万円ならどうする?

夫・・・えっ..高っ!   

妻・・・じゃぁ出来るだけ頑張ろう!
じゃないと、老いてから
二人とも苦しくなるからさ

土曜日から昨日までの4日間
夫は冬休みを頂いていました

夫の場合、4日も休みが続くと
うつ状態が悪くなるのです

今朝もそうでした
こういう気分の時に
「早期退職するとやっていけない!」
なんて話は絶対にしてはいけません

するときは、気分の良い時、笑顔の時
本人が前向きな気持ちである時を
狙って言います

そこで考えを植えつける
意識を吹き込む
そう..思わせる

4日間ずっと一緒に居て
私は多少の疲れを感じました

もしも早期退職しちゃったら
どうなっちゃうのかな~わたし‥
それこそいつも
ニコニコしている自信がありません

もしかしたら、夫の適応障害が
私にそっくり移行したりして・・・

(つω-`。) グスッ

亭主元気で○○が良い!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

スマホの文字

小さくないですか?
私の目が良くないのでしょうか?

自分のブログもそうなのですが
読んでいてとても疲れるようになりました

更新もパソコンからでしたら
大丈夫なのですが
スマホからがちょっと辛いです

そして、スマホから
他の方のブログにお邪魔させて頂いたとき
背景がクリーム色で
文字が薄茶というのもあり
そうなると殆ど読めません(〃ω〃)

なので、徐々に遠のいてしまいます
スンマセン。。。

夫は火曜日まで冬休みを頂いたので
一緒にいるとパソコンからの更新が出来ません

私がパソコンに向かうと
必ず側に来ます

ブログ‥内緒だから‥( ⸝⸝◦︎_◦︎⸝⸝ )

明日は何して遊ぶ?と
夫が言うのですが

えっ?遊ぶって‥

図書館かなぁ?
遊ぶといってもこの雪道
ドライブも行きたくないし
観たい映画も無いし

う〜ん・・・
ここだけの話早く水曜日に
なってくれないかな

ごめん‥パパ
勝手なかーさんで‥ (^◇^;)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

我が家...駆け込み寺

ではありません

でも、悩みを聞いて欲しいと
昨日もお友達がやってきました

ご主人との関係
ご主人のご姉弟との関係
職場の人たちとの関係..

職場はご主人が社長さんで
従業員が数名
事務員3名の中に
友人が経理として手伝っている

5時間半、我が家にいたけれど
全て不満ばかり..

本人にすれば辛いのでしょう
でも、聞いている私も辛くなりました

それは彼女に対しての同情ではなく
ご主人への同情でした

あまりにも彼女の心狭い考え方に私は
「今日からあなたを狭子と呼びます」
と言いました

驚くほど自分勝手で
それではご主人も
真っ直ぐ帰りたくはないでしょうね

もしも私がご主人でも
多分、一杯引っ掛けてから帰りますよ
帰るだけでも偉いと思います

そうはっきり言うと
泣き出しました

泣きながら....
「じゃぁ、わたしはどうしたらいいの?」

常に感謝しなさい
ありがとうを言いなさい

あなたが変わらなければ
ご主人も変わりません

ご主人の親姉弟のことに口出しはしない
ご主人がそうしたければ
そうさせてあげなさい

黙って美味しいものを送ったとか
仏壇の花を送ったとか
そんな些細なこと..

口うるさい妻だと
それくらいは妻に言わずにしますって!
ご主人は言わないのではなく
あなたが言わせないということです

私だったら
「あ~夫は気の利く優しい人ね」って思うけど
あなたは自分にしてもらわないことは
全て必要のないことと思っている

それはあまりにも
わ  が  ま  ま です!(*`ω´*)

狭子とケチ子..どっちがいい?と聞くと
彼女..「狭子」を選びました ^^

昨日は彼女の為には
黙って返すわけにはいかなかった

悩みを打ち明けに来たのだから
私も真剣に答える必要があった

またくるね!私、iomamaに
広子と言われるように頑張るね!

そう言って帰っていきました

久々のマシンガントークに
ちょっと私も疲れました :(´◦ω◦`):

昨日のおうちCafeは
誰でも簡単ラーメンサラダ
お野菜たっぷりミネストローネ
じゃがいもとユリ根とブロッコリーのたらこ炒め

■画像削除

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

たまには顔見せないとね

そう思って、夫が自分の実家に
《 来週行くから 》とメールしたら

お父さんから、こう返って来た

《 ひとりでか?何かあったか! 》

夫はそれを見て苦笑い‥

ずっと心配ばかりさせているから
すぐに何かあったのでは?と
想像をさせてしまう

いつまた休職と言い出すか‥
そう思わせてしまう

結局はお母さんが
白内障の手術をするから
今は来ないで!って‥

暖かくなったらおいでと‥

何を言われるか
子より親の方が
常にドキドキしているみたい

ごめんなさいね
パパも十分頑張っているのですが
たまに皆んなで顔見せないと
もしも会えなくなるとそれこそ‥

夫はちょっと焦ってきた
真面目に親孝行しなきゃ‥って

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

息子が親の最期を語る

昨日、何かの話から
息子が・・・

「お母さんが先に死んだらお父さんはそうとう困るね」

そこで私が
「そうなった時は時々連絡してあげてね」

と言うと・・・

・・・・・・・・


 「連れてケ」 (*´_ゝ`)っ.. (=∀=) ←母


そんな会話も知らず
夫は隣の部屋でイビキを掻いて寝ていました
ZZzz(@´ρ`)zzZZ


どっちが先か..

私の両親も
そんな会話をしていたことがありましたが

13年前に父が先に逝きました


夫の両親はふたりとも健在ですが
昨年の秋、やはり
どっちが先かの話をしていました


お義母さん・・・「お父さん、先に死んでね」
お義父さん・・・「うん!死ぬよ」

ウキャヾ(>▽<)ゞヾ(▽^ )ゞヾ( >▽)ゞウキャ
この会話で笑いの渦が起こりました

でも、お義母さんはお義父さんが居ないと
生きていけない人です

心にも無いことを笑って言えるのは
しあわせなのだと思います

誰も死ななければそれはそれで
この世が溢れてしまいます

出来れば歳の順に...
それが何よりなのですが...

人の命の長さが違うのは

この世に生まれる目的がそれぞれに違うから

自らの命を絶つ人意外
尽きたときが全うしたときと聞いたことがあります

その話がそうだとしたら
姉も友人もきっと全うしたのですね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

夫が今年の目標を掲げた


■1年仕事をし続けること

普通はこれが当たり前なんだと思う
昨年、辛くて2週間休職してしまった
あの時、あの休職は必要だと思った
でも実際はどうだったのだろう?
休んだ後、休んだことで
もの凄く辛かったから
あの辛さから比べると
乗り越えられたことだったのかもしれない

あの辛さを忘れてはならない

■強迫性障害を治すこと

今、別の場所に新たに建てている職場
この春、大移動がある
次は強迫性障害が出ても
簡単には確かめにいけない程
そこは遠い‥
ママの言う通り
諦める、やり過ごす、開き直る

こうなったら治すしかない!

■旅行をする

ママと2人で行くか、息子も誘うか
何処へ行くか、いつ行くか
まだ何も決まっていないけど
適応障害と強迫性障害の回復の意味もある

息子が高校一年まで旅は続いていたんだ

■貯蓄をする

貯蓄は仕事をするモチベーションにも
なっていた
どれだけ貯められるかわからないけれど
貯める為には働くこと!
この気持ちが大事な気がする

働く理由を目標にすることで
違う気がする

-----------

夫は
今までは、一日行ってみる
目の前の仕事をやってみる

それが、大きく一年と目標を掲げた

私が煽ったわけではありません
自分でそう思ったようです

私は引き続き見守っていきます

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
プロフィール

iomama

Author:iomama
北海道札幌市在住

夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる