ゆるやかな歩行..

最近の夫を見てそう感じました

適応障害20年..
もがきながら..あがきながら
時に子どものように泣き
身悶えしながら歩んできたという記憶は
私たちの中からは簡単に消えませんが..

一旦、深呼吸ができる時を
今は頂いていることに感謝しています

呼吸が整い
ゆるやかな歩行をしている夫を見ると
これがしあわせというものなんだと
しみじみ思うのです

仕事はこれからも続くのですから
また何処かで
その一歩が出なくなる日が
来るのかもしれない

今乗り越えたその一歩は
たったひとつの
ハードルかもしれないけれど
心から夫を褒めてあげたいと思います

夫は適応障害になったけれど
なったことで
周りの人たちの
心が理解できる人にもなりました

見えない病に苦しんだことで
自分自身..それまでよりも
優しい心を手に入れることも出来ました

なるより
ならない方が良かったと言うより

なってしまったのだから
それをプラスに変えられる人にならないと
って、昨日の夜も夫婦で話していました

そして今朝方..
夫が大きな声で言いました

それで間に合うの!

さて、何を誰に言っていたのでしょう?
思わず私
寝坊したと思い飛び起きました
(((◎д◎))ノ はい!⏰

私は時計を見てまた寝ましたが‥

ゆるやかな歩行途中にも
石ころは転がっているものです
誰もが心配なことがあるように
夫もそれなりに心配は続くのですが‥

どうか上手く
歩いて行けますように!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

パニックになりました

夫は今までに無いくらい
落ち着かなくて
頭を抱え、部屋の中を
端から端まで歩き回り
仕事の話をブツブツ言い始めました

それを見て
久しぶりに
私は泣いてしまいました

新たな配置で
明日は新たな仕事も待っていて
上手く乗り越えられるか心配で

強い不安に
押し潰されそうでした

夫も‥(๑ó﹏ò๑)
私も||||||(_ _。)||||||

前を向かないと!
上を向かないと! \(◦︎˙-˙◦︎)/

心の病は、しつこいね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

心配で心配で心配で

どうしようもない朝でした

夫の眉間に珍しくシワ(ーハー;)
真剣に考えている様子‥

そんな時は必ず声を掛けます

「何か心配事でもあるの?」

困った‥どうすればいいんだ?

聞いてみると
来月建物と人がかわることで
今の仕事のシステムも変わり
そのことで
大変なことに気付いてしまったと‥

詳しい内容は聞かなかったけれど
夫が仕事を失敗したわけではなく
どうしても話し合って決めなくては
新しいシステムに不具合が生じるらしい

だとしたらそれを上司に話すべき!

そういうと
今の上司は夫の仕事にタッチ
していないし、今回の異動で
上司が変わってしまうから
言っても仕方がないし‥

そこで私からひと言!

「仕事にタッチしているかしていないかなど
関係はなく、今現在のパパの上司であることには
変わりはないのだから、それは言うべき!」

その後の判断はパパがするのではなく
その上司がするのだから!

何を勘違いしているの!
何もかも背負うから
いつまでも良くならないってわかるよね!

夫への喝!は時に必要で
ハッとさせることで(☉︎౪ ⊙︎)
深く入り込むウツ状態から
引き上げることにもなっていると思う‥

こんな日がまだまだ続くのかな?

心の病との闘いは
なかなか終わらない(´っω・`。)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

夫は仕事に行っています

夜は比較的元気です

でも朝は全然元気が無いです..
それでも今日も頑張って
仕事に行きました

昨日、こんなことを言っていました

「来月は15万貯金する」

えっ.....(๑꒪⍘꒪๑) えっ!( ゚ ω ゚ ) ! !

ってことは...今日から3月です

今月も仕事に行くということでしょうか?

休職したときから
私は夫に全ての家計を任せました

働いて得るモノはお金だということ
現実を見て欲しくて..
やりくりがどんなに大変かを知って欲しくて..

意地悪で、した気持ちはありません
現実から離れて欲しくないから
休んでいいよ~
ゆっくりしていいよ~
パパは病気なんだからね

と言いながらも
現実をみつめて欲しくて..

でも、これは正解でした

毎月入ってきたモノが
入らなくなる恐怖を
私ひとりが味わうのではなく
夫にも知って欲しかった

知った上での休職

自分の病だけを考えるのではなく
病とは..休職するということは
「こういうことなんだ!」
落ち込んでばかりいられないんだ!

辛さから救うのは 支える側が
守ってあげることだけではないこと

適応障害20年...

ただただ、「どうしよう...」と思うだけでは
ここまで来ることなど出来なかった

悩み続けていると
前にはなかなか進めない

こうしたり  あーしたり..

周りがなんと言っても
生活しなくてはならないのだから
そこを何とか持ち上げる必要があったのです

夫が言った「来月は・・・」には続きがあります

「再来月も15万、貯金する!」

Σ(p´;Д;`)q << ぅあ゛!!ぅゎぁぁぁぁあ゙

ファイトだ!パパファイトだ
その気持ち..ママは嬉しい!

もしも現実に無理だとしても
その気持ちがとっても嬉しかった

だけど・・・15万?
私のやりくりの腕も試される w((´ω`))wワオッ!!

今日もポチッとおねげーします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村

それはある日突然に..

やってくるものなのです

職場に行けない日が..

きっと本人の心の中では
随分前から
無理と決めていた気がします

最初の休職は ある日突然でした
なので、後日担当医に診断書を出していただき
郵送いたしました

二度目のときは
一度目の経験から
少し余裕を持ち..危機感を感じた時点で
診断書を提出し休職となりました

今日 夫は仕事に行きました

昨日夫は仕事に向かう途中
自分の実家に電話をし
「もう行けない」と伝えたそうです

お義父さんから
「お前なら出来る!」そう言われたらしいです
その後に..
「自分で決めるのではなく
その前に上司に相談することだ!」と..

そうなんですよね
管理職を降りたとき
降りる前に上司に相談をしていませんでした

異動したばかりで
上司といえば、当時はそこのトップでしたから
夫にすれば
言えない状況にあったようです

誰にも相談せず
上司にも相談するどころか
管理職を降りることを宣言して
帰ってきたのです

一度口にしたことは
撤回しないというところがありますから..

というより あの時の夫は
苦しくて、そうするしか方法が無いと
思ったらしいです

帰宅して
「何故大事なことを自分で決めたの!」と
私に言われ、頭を抱えていました

心の病は
時に思考停止することがあります
大事な判断は直ぐにしてはいけないというのも
これが理由です

今日は行きましたが
人生 仕事をするのはあと少し..

そう自分に言い聞かせたことで
今日行くことが出来たのかもしれません

これが最後の一手となるのでしょうか..

皆様にご心配をお掛けしておりますが
支える側の今の心の中は..

『いろいろあって それが人生』

そう思っております

今日もよかったらポチッ..と 
おねげーします|v・`)ノ|Ю

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
プロフィール

iomama

Author:iomama
夫は適応障害になり
今年で20年..
二度の休職は
夫にとっても私にとっても
とても辛いものでした

何があっても
共に歩んでいきます

夫も私も泣く日もありますが
笑う日もたくさんあります

夫が悪いのではない
誰かが悪いのではない

不安の真ん中に
今はすっぽり
包まれてしまっているだけ..

そんな夫の傍にいることが
私の役目だと思っています

フリーエリア
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる